因縁の岩谷麻優との激闘前夜、王者・中野たむが記者に「怖いです・・・」と吐露した理由

 10月9日、スターダムのビッグマッチ、大阪城ホール大会が開催された。女子プロレス26年ぶりの開催となる大阪城ホール。ワンダー・オブ・スターダム王座、通称"白いベルト"を懸けて、挑戦者・岩谷麻優が王者・中野たむに挑んだ。

 2018年1月、ヒールユニット・大江戸隊を追放させられたたむを、STARSに勧誘したのが岩谷だった。9月、二人は鹿島沙希とともにアーティスト・オブ・スターダム王座のベルトを巻く。しかし2020年11月、たむがSTARS内に新ユニットCOSMIC ANGELSを結成すると歯車が狂い出し、12月、COSMIC ANGELSはSTARSを脱退した。

 一時はプロレスをやめようとしたたむ。そんな彼女を支え続けた岩谷。たむの岩谷への愛はあまりにも深い。試合前夜、たむはなにを思うのか――Zoomインタビューを敢行した。


大阪城ホールで、岩谷麻優を迎え撃った王者・中野たむ ?STARDOM

***

 Zoomの画面を開くと、いつになく神妙な面持ちのたむがいた。時折、笑顔を見せるも、すぐに俯いてしまう。彼女は感情が高ぶると、その感情を抑えるように俯く癖がある。今にも泣き出しそうなたむを見て、筆者も必死に涙を堪えた。

――いよいよ明日ですが、ちゃんとご飯は食べられていますか? 眠れていますか?

「ご飯は相変わらず鶏肉とブロッコリーを食べているのと、10月4日に2回目のワクチンを打ったんですよ。ちょっと熱が出て、逆にたくさん寝られました」

――心境はいかがですか?

「怖いです、正直......。岩谷麻優という存在も怖いし、この試合が持っている意味も怖い」

――どんな意味を持っている?

「岩谷麻優を目指して白いベルトの防衛戦をしてきて、ついに彼女の挑戦を受ける形になった。明日の試合が私の今までのプロレス人生の中で、一番大きなターニングポイントになるんだろうなとすごく感じています」

――岩谷選手はどんな存在ですか?

「ずっと神様みたいな人でした。岩谷麻優がいないとなにもできないと言われた時期もあったし、どうしても彼女を超えたい、同じ目線に立ちたいという気持ちでユニットも作りました。明日、有無を言わさず3カウントを取らないと、この先の"たむロード"はない。中野たむのプロレス人生は、ここから先には行けないのかなと思います。迷っていることはなにもなくて。弱かった自分をぶっ壊すためにも、岩谷麻優をぶっ壊さなきゃいけない。それだけです」

続きを見る

関連記事(外部サイト)