箱根駅伝で活躍が期待される注目の1年生は? 出雲で好走したルーキーをチェック


出雲駅伝で優勝した東京国際大。1年生で出場したのは佐藤榛紀、白井勇佑(左から3番目と5番目)

 東京国際大学が初出場、初優勝という結果で幕を閉じた出雲駅伝。

 そのなかで、多くの1年生が初陣を迎えた。関東の大学に限定すれば10名の選手がデビューを果たしている。しかも、その多くが快走した。2年ぶりの出雲で、2名の1年生が区間賞をとるなど新しい風が吹いた。

 東京国際大は、ふたりの1年生が出走し、優勝に貢献した。

 2区佐藤榛紀は、1区の山谷昌也(3年)から3位、トップの青学大と5秒差で襷をもらうと軽快な走りを見せた。順位をキープし、トップと4秒差で日本人エースの丹所健(3年)につないだ。

「レース前は風の影響を考えながら自分のペースで押していきつつ、集団を利用することを考えていました。山谷さんがいい位置で来てくださったので、すごく走りやすかったです。いい形でエースの丹所さんに襷を渡せたのでうれしかったですし、自分の仕事ができたと思います」

 佐藤は四日市工高出身でスピードが持ち味。高3時に5000mで13分50秒31を出し、三重県の高校記録を更新、即戦力として入学した。自身も活躍を期して入学したが、距離を踏むことに慣れていない体が悲鳴を上げた。

「高校時代、あまり長距離をやってこなかったので、貧血になってしまいました。夏合宿の前半はびっくりするぐらい練習を積めたんですが、後半は足に疲れがたまり、貧血の影響もあってうまくいかなかったですね。でも、ここ2、3週間はよい状態になって出雲に臨めたので自分の成長を感じることができました」

 出雲駅伝はいいアピールになり、全日本大学駅伝、箱根駅伝にもつながりそうだ。

「今年は、3大駅伝すべて出るのが目標です。箱根は、3区か、5区が希望です。ただ、現実的に考えると3区は厳しいですし、5区は下りよりも上りのほうが得意というだけなので、任されたところで結果を出すだけです。できれば、白井と一緒に走りたいと思っています」

続きを見る

関連記事(外部サイト)