森保ジャパンは勝っても不安だらけ。オーストラリア戦で露呈した過去の失態と現状の危うさ

カタールW杯アジア最終予選特集

 最終予選は結果がすべて。

 しばしば聞かれる言葉である。本当にそうだとするなら、現状にそれほど大きな問題はないのだろう。

 日本はワールドカップ最終予選4試合を終えて、2勝2敗。過去と比べると低調にも見える成績だが、サウジアラビア戦の負けは、互いの力関係にアウェーゲームだったことも加味すれば、十分に起こりえた。日本が結果について失態を犯したと断じることができるのは、最初のオマーン戦での負けだけだ。

 一方で、このグループで力が落ちる中国には確実に勝ち、最後まで本大会出場を争うであろうライバルのオーストラリアも退けた。

 10試合も戦えば、ひとつくらいは取りこぼしがあって不思議はない。勝つべき試合は勝っている。現段階でワールドカップ出場を危ぶむ必要はないのではないだろうか。

 結果がすべて、というのなら。

 だが実際は、結果ばかりに気をとられ、内容から目を背けていると、いずれとり返しのつかない事態に陥りかねない。だから、内容が気にかかる。

 その視点に立てば、今の日本代表はかなり不安だ。


守田英正(写真左)と田中碧を先発で起用し中盤の配置を変えたことは功を奏したが...

 日本は1勝2敗で迎えたホームのオーストラリア戦を、2−1と勝利した。

 森保一監督はこの試合、従来の4−2−3−1から4−3−3へとフォーメーションを変更。あわせて、中盤に東京五輪世代のMF田中碧を抜擢し、MF遠藤航、MF守田英正とともに配置したことが奏功した格好だ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)