穴党記者が秋華賞での激走を見抜いた伏兵。地力を秘めた2頭が春の実績馬を脅かす

 3歳「牝馬三冠」の最終決戦、GI秋華賞(阪神・芝2000m)が10月17日に行なわれる。

 過去10年の結果を振り返ってみると、牝馬三冠馬が3頭誕生していることもあって、1番人気は4勝、2着1回、3着1回とまずまずの成績。若き乙女たちの戦いにしては、大荒れが少ないレースと言える。

 とはいえ、8番人気以下の伏兵の台頭も時に見られ、3連単では何度か好配当が生まれている。昨年も断然人気のデアリングタクトが勝利しながら、2着に10番人気のマジックキャッスル、3着に9番人気のソフトフルートが入って、3連単は4万円超えの配当をつけた。

 また、今年は阪神競馬場で行なわれる。京都コースとは適性が異なるゆえ、この舞台変更によって、波乱が起こってもおかしくない。

 実際、今年はGI桜花賞(4月11日/阪神・芝1600m)の覇者で、前走のGII札幌記念(8月22日/札幌・芝2000m)でも古馬相手に快勝したソダシ(牝3歳)が断然人気となりそうだが、一部では不安な声が囁かれている。GIオークス(5月23日/東京・芝2400m)では序盤から厳しい包囲網を敷かれ、消耗戦を強いられたことによって、8着惨敗。今回もその再現がある、と考えられているからだ。


秋華賞での一発が期待されるミスフィガロ

 そうした状況のなか、デイリースポーツの大西修平記者はミスフィガロ(牝3歳)を穴馬候補に挙げる。

「前走のトライアル、GIII紫苑S(9月11日/中山・芝2000m)では3着でしたが、その時に見せた末脚が見どころ十分でした。勝ち馬とは道中の位置取りの差もあった印象で、33秒9という上がりをマークして、コンマ3秒差まで詰めたことは大いに評価できます」

続きを見る

関連記事(外部サイト)