今季のVリーグ女子で注目の10人。パリ五輪期待の若手、帰化を目指すエース候補、V2の有望選手も

 2021−2022シーズンのVリーグ女子が10月15日に開幕。活躍が期待される選手たちのなかから、今年の春高で活躍したルーキー、ケガからの完全復帰を期すベテラン、V2で注目度が高い選手など、リーグを大いに盛り上げそうな10人を紹介する。

***


西崎愛菜(にしざき・まな)photo by Joe Horie

■西崎愛菜(にしざき・まな)
所属:JTマーヴェラス リベロ 158cm
2002年5月1日生まれ 愛知県出身 金蘭会高

 今年の春高でも活躍した期待のルーキー。金蘭会中学時代はセッターも経験したため、JTの吉原知子監督は今年3月に開催されたV Cup(日本代表以外のVリーグ女子の選手たちが出場した大会)でセッターとしての起用も試したが、やはり本業のリベロとしてプレーする。

 JTの正リベロは、日本代表として東京五輪に出場した主将の小幡真子で、昨シーズンはMVPを獲得している。それだけに西崎は、しばらくレシーバーとしての出場がメインとなるかもしれないが、パリ五輪に選出される可能性も高い逸材だ。「偉大な先輩に追いつけ、追い越せ」という気持ちで奮起したい。

続きを見る

関連記事(外部サイト)