「ウマ娘」でも人気キャラ、菊花賞を制した名馬たち。魅力あふれる名レースを振り返る

 3歳馬による三冠レースの最終戦、GT菊花賞(阪神・芝3000m※通常は京都開催)が10月24日に迫ってきた。このレースは、三冠の中でも「最も強い馬が勝つ」と言われており、過去の勝ち馬を見ても、時代を代表する名馬がずらりと並んでいる。


逃げの戦法で鮮やかに勝ちきったセイウンスカイ

 ちなみに、三冠初戦の皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、2戦目の日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」と言われてきた。

 そんな菊花賞の勝ち馬たちは、アニメやスマホゲームとして展開する「ウマ娘 プリティーダービー」でも人気キャラとなっている。たとえばライスシャワーやビワハヤヒデ、セイウンスカイにゴールドシップなど。

 そこでこの記事では、ウマ娘を切り口に菊花賞の名レースを振り返ってみたい。

 まずは1992年のライスシャワーが勝った菊花賞だ。ウマ娘におけるライスシャワーといえば、自分を「周りを不幸にする存在」と責めたり、ヒールキャラになることを恐れたり、自分がレースを勝っても"誰も喜ばない"と苦悩する。

 そんなキャラ設定は、競走馬・ライスシャワーの成績が関係している。ライスシャワーは現役時代、たびたびライバルの大記録を阻止。そのことから「黒い刺客」や「ヒットマン」と呼ばれ、主役を打ち負かす存在として扱われることも多かった。

 そして何を隠そう、ライスシャワーが初めて大記録を阻んだ舞台が1992年の菊花賞だった。この年、皐月賞と日本ダービーを逃げて圧勝し、三冠達成にリーチをかけていたのが同世代のミホノブルボン。菊花賞では単勝1.5倍と断然の1番人気に推され、京都競馬場は三冠馬誕生ムードに満たされていた。
 
 それを打ち破ったのがライスシャワー。春のダービーではミホノブルボンから4馬身差の2着と完敗していたが、持ち前のスタミナを武器に3000mの菊花賞で逆転した。レースではミホノブルボンをライスシャワーの黒い馬体がぴったりマークし、最後に交わしたのである。その瞬間、京都競馬場は異様な空気に。まさに「黒い刺客」が定着したレースだった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)