サッカー界の「ドラ1」級選手たち。来季プロ入りする彼らの実績・特徴は?

ユースサッカー界のナンバーワンプレーヤーである、青森山田高校の松木玖生が、来季のFC東京入りを決めて話題となっている。すでに来季の新人選手が続々と内定しているJリーグだが、プロ野球のようなドラフトはないため、そうした新人選手の顔ぶれやポテンシャルを把握する機会が少ない。そこで今回は、ユース、大学サッカーを取材する2人のライターに、松木以外で来季プロ入りするサッカー界の「ドラ1」級選手たちを紹介してもらった。

◆ ◆ ◆


大学で着実な成長を遂げ、川崎入りする松井蓮之

松井蓮之
まつい・れんじ
MF/法政大学→川崎フロンターレ/178cm、73kg

 姉で女優の松井愛莉の存在もあり、U−17日本代表にも選出された矢板中央高校時代から注目を集めていた。

 とりわけ守備に特徴を持つプレーヤーで、一躍全国に名を知らしめたのが高校3年時の高校サッカー選手権だ。中盤の底で類まれなボール奪取能力と空中戦の強さを発揮し、チームの4強入りに貢献。

 しかし、攻撃面で課題を残し、高校卒業時点ではプロ入りを果たせなかった。そうした不安を抱えたなかで法政大学へ進学すると、ポテンシャルが一気に花開く。サッカーIQが高まると、攻撃面でも存在感を発揮できるようになった。

 10月上旬のU−22日本代表候補合宿では、守備面だけではなく、的確に状況を判断してボールを配給。パスを受けるタイミングも高校時代から大きく改善され、U−17代表時代を知る関係者もその成長に目を細めた。

 タレントが揃う川崎フロンターレで1年目から出場機会を得るのは簡単ではない。しかし、今の松井であれば、技術とサッカー理解が求められる川崎のスタイルにも適応できるはずだ。
(松尾祐希/文)

続きを見る

関連記事(外部サイト)