菊花賞は血統と臨戦過程を重視。穴候補はディープ産駒と2勝クラスを勝ってきた3頭

菊花賞は血統と臨戦過程を重視。穴候補はディープ産駒と2勝クラスを勝ってきた3頭

菊花賞は血統と臨戦過程を重視。穴候補はディープ産駒と2勝クラスを勝ってきた3頭の画像

 3歳クラシックの最終戦となるGI菊花賞(阪神・芝3000m)が10月24日に行なわれる。

 ほとんどの馬にとって未知の距離となる3000m戦という長丁場の戦いであり、スピードとスタミナが求められる過酷な一戦とあって、昔から三冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)のなかでも「もっとも強い馬が勝つ」と言われているレースだ。それゆえ、過去10年の結果を振り返ってみても、1番人気が6勝、3着2回と安定した強さを見せている。

 一方で、7番人気以下の伏兵も1勝、2着3回、3着4回と、しばしば馬券に絡んでいて、3連単では何度か好配当が生まれている。たとえば2017年には、1番人気のキセキが勝利し、2着に10番人気のクリンチャー、3着に13番人気のポポカテペトルが入って、55万9700円という高配当をつけた。

 となれば、穴狙いに徹するのも悪くない。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を演出しそうな伏兵をあぶり出してみたい。なお、今年は京都競馬場の改修工事により、阪神競馬場での開催となるが、開催時期や距離は変わらないため、京都で行なわれた過去データをそのまま参照する。

 まず注目したいのは、ディープインパクト産駒だ。

 菊花賞では長距離戦とあって、古くから血統が重視されてきた。実際、スタミナ自慢の父や母を持つ馬が結果を出すことが多かったからだ。

 それが最近では、スタミナにプラスして、一段とスピードが重要視されるようになった。そうして、近年ではスピードとスタミナのバランスに秀でたディープ産駒が強さを発揮。過去5年で4勝、2着1回、3着2回と、ずば抜けた成績を誇っている。

 そうなると、今年もディープ産駒は無視できない。候補となるのは、ディープモンスター(牡3歳)、ノースザワールド(牡3歳)、レッドジェネシス(牡3歳)の3頭である。

続きを見る

関連記事(外部サイト)