ラグビー日本代表の新主将は負けず嫌い。リーチから引き継いだニッポン魂

 10月23日、ラグビー日本代表は2019年ワールドカップ(W杯)以来となる国内のテストマッチを迎える。その招集されたメンバーのなかで最も注目を集めたのは、2014年以降ずっとキャプテンを務めてきたFL(フランカー)リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス東京)に替わり、「ラピース」ことFLピーター・ラブスカフニ(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)が新たなスキッパーに任命されたことだろう。


日本代表の新キャプテンに選ばれたラピース(左)

 9月中旬、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)から「キャプテンになってほしい」と告げられた時、ラピースは驚きを隠せなかったという。

「まったく予想していませんでした。日本代表でプレーするだけでもこのうえなく光栄で名誉なことなのに、さらにそのキャプテンになることはなおさら......。ただ、いいキャプテンになるだけでなく、何よりも今までのキャプテンと肩を並べるようなキャプテンになりたいと思いました。

 一番重要なのは、チームファーストであることです。家族や友人のためだけではなく、会社やジャパンのジャージーのために戦います。私たちはすべての人に、ピッチ内外で『ブレイブブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)』を誇りに思ってほしいです」

 ジョセフHCはキャプテン交代の経緯を、こう語った。

「マイケルは今でも世界屈指のラグビーの選手のひとりです。スキルや経験はチームに必要なので、これからはリーダーの責任を外し、100%プレーヤーとして集中できるようにしたい。マイケルにはラグビーファーストでいてほしい」

 指揮官は新たな主将について、No.8(ナンバーエイト)姫野和樹(トヨタヴェルブリッツ/27歳)など新世代の若手筆頭ではなく、リーチよりひとつ年下(32歳)のラピースを選んだ訳をこう語った。

「ラピースはすでにW杯でもゲームキャプテンを務め、そこで出色のリーダーシップを見せました。生まれながらのリーダーシップを持っていますし、姿勢もすばらしく、安定感もあり、英語も話せます。日本語はあまり話しませんが、日本のラグビー、文化をきちんと理解しています」

続きを見る

関連記事(外部サイト)