渡邊雄太、八村塁の今季の活躍は? NBAイースタンはビッグ3の一角が欠けたネッツに黄信号

 NBAの2021~22シーズンが開幕した。日本のファンにとっては、やはりイースタン・カンファレンスのチームに属する2人の日本人選手たちの活躍が、注目ポイントのひとつになるだろう。


東京五輪を戦った渡邊雄太(左)と八村塁

 現地時間10月18日、各チームが開幕ロースターを発表し、渡邊雄太もトロント・ラプターズの一員として登録された。メンフィス・グリズリーズの2ウェイ契約選手だった2年間も含め、これで4年連続のロースター入り。本契約選手として開幕を迎えたのは初めてとなる。

 今プレシーズンでは、すべてが順調だったわけではなかった。10月6日の練習中に左ふくらはぎを負傷した渡邊は、以降のプレシーズン戦を欠場。10月20日、当初は八村塁との日本人対決が期待されたワシントン・ウィザーズとの開幕戦に間に合わなかったのは残念ではあった。

 ただ、大事な時期に離脱しても、ニック・ナースHCをはじめラプターズ首脳陣の渡邊に対する高評価は変わらなかった。昨季、自己最多の50戦に出場し、その能力とチームへのフィットが認められたということだろう。プレーオフの連続出場が7シーズンでストップしたばかりのラプターズに、今季の渡邊がどのような形で貢献していくか楽しみだ。

「去年同様、まずディフェンスをしっかりやって、オープンショットをしっかり決めて、オフェンスにもっと絡んでいきたい。僕には『NBAで優勝したい』という目標があります。ラプターズの一員として、優勝に貢献できるような選手になっていきたい。具体的な数字とかではなく、(勝つために)チームから求められる選手になっていかなきゃいけないと思っています」

 現実的に、今季のラプターズは優勝に近い位置にいるチームではない。だが、向上中のプレーだけでなく、チームに対して献身的な渡邊のメンタリティーは、コーチ陣、チームメイトたちからも好意的に受け取られているはずだ。年齢的にもピークの27歳。ケガの影響を引きずることがない限り、日本バスケットボール界が誇る"努力する俊才"は今季中にさらに成長する可能性は高い。

続きを見る

関連記事(外部サイト)