森保ジャパンの4−3−3は守備的布陣。攻撃面の連動、機能不全は未解決

カタールW杯アジア最終予選特集

 オーストラリアが中国に引き分けたこともあり、第6節終了時点でカタールW杯本大会自動出場圏内のグループB2位に浮上した森保ジャパン。苦戦はしたものの、後半81分の伊東純也の決勝ゴールで勝ち点3を手にした今回の勝利は、W杯出場に向けて大きな意味を持つ。


三笘薫(中央)の活躍でオマーンに勝利した森保ジャパン。しかし、攻撃面の連動には大きな課題を残したままだ

 しかしその一方で、キャプテン吉田麻也が「1試合でガラッと変わる状況はウチ(日本)もオーストラリアも続くので、まだ気を抜ける状況ではない」と語ったように、残り4試合で順位が入れ替わる可能性は、数字的にも残されている。そこが、イランと韓国が1、2位で快走するグループAとの大きな違いだ。

 しかも、森保ジャパンの戦いぶりを直視すれば、ベトナム戦に続き、今回のオマーン戦も決して今後を楽観できるような内容ではなかった。11月の2連戦で勝ち点6を獲得しながら、まだ不安感を掻きたてられてしまう理由はそこにある。

 その意味でも、敗戦を喫した初戦のオマーン戦と今回の試合を比較しながら振り返り、変わった点と、変わらなかった点をしっかり整理しておく必要があるだろう。それにより、4−2−3−1と4−3−3の特徴とその効果の違いも見えてくるはずだ。

 試合終了間際の88分に被弾し、日本がまさかの敗戦を喫した最終予選の初戦。いつもの4−2−3−1を採用した日本は、オマーンの4−3−1−2という特殊な布陣に苦しめられ、攻守両面にわたって機能不全に陥った。

 攻撃面では、ビルドアップ時に相手2トップとトップ下の3人にボランチへのパスコースを消されたうえ、前線中央の大迫勇也と鎌田大地の前に相手MFの3人が立ちはだかったため、くさびの縦パスは1試合で9本のみ。そのうち8本が失敗に終わっている。

 それに対し、布陣が4−3−3に変わった今回は、敵陣でのくさびの縦パスは前半7本、後半4本の計11本(そのうち7本成功)。本数だけで言えば前回と大きな違いはないが、初めて4−3−3を採用したオーストラリア戦が計4本だったことを考えると、相手の違いはあるとはいえ、多少の改善は見られたと言っていいだろう。そしてその大きな要因となっていたのが、右サイドバック(SB)の山根視来の存在だった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)