チャンピオンズCは今年のダート戦線でめっぽう強い「エーピーインディ系」から2頭を厳選

 12月5日、中京競馬場でGTチャンピオンズC(ダート1800m)が行なわれる。

 今年はGTフェブラリーSの勝ち馬インティとカフェファラオ、昨年の同レース勝ち馬チュウワウィザード、今年のGT桜花賞を勝ったソダシが出走。さらに地方交流GTでは、川崎記念、かしわ記念のカジノフォンテン、JBCクラシックのケイティブレイブ、マイルCS南部杯のサンライズノヴァ、ジャパンダートダービーのダノンファラオ、帝王賞のテーオーケインズと、実に9頭のGT/地方交流GT馬が揃った。

 今年の古馬ダートGT/地方交流GT戦線も、チャンピオンズCとGT東京大賞典(12/29、大井)を残すのみ。これまでのレースを血統面から振り返ってみると、エーピーインディ系の活躍が印象的だった。


シリウススSで重賞初勝利を果たしたサンライズホープ

 まずは船橋のカジノフォンテン(父カジノドライヴ)が、川崎記念(川崎/ダート2100m)とかしわ記念(船橋/ダート1600m)を連勝。さらに帝王賞(大井/ダート2000m)はテーオーケインズ(父シニスターミニスター)が勝利し、上半期の地方交流GTレースをエーピーインディ系が完全制覇した。さらに秋に入ると、ミューチャリー(父パイロ)がJBCクラシック(金沢/ダート2100m)を勝利している。

 カジノドライヴとパイロにとっては産駒の地方交流GT初制覇。シニスターミニスターにとっては2019年JBCレディスクラシックのヤマニンアンプリメに続く2頭目だが、牡馬では初の地方交流GT馬となった。今年はまさに「エーピーインディ系ブレイクイヤー」と言えるだろう。

 今年のチャンピオンズCにも、前述のカジノフォンテン、テーオーケインズを含む5頭のエーピーインディ系がエントリー。今回はそのなかから、マジェスティックウォリアー産駒のサンライズホープ(牡4歳/栗東・羽月友彦厩舎)に注目したい。

続きを見る

関連記事(外部サイト)