横山ルリカ、大阪杯は「データが通用しないかも」。有力馬の傾向や展望をガッツリ分析

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組などで活躍する横山ルリカさんに、今年最初の古馬中距離GI大阪杯(4月3日/阪神競馬場・芝2000m)について展望を聞いた。


競馬通として専門番組や雑誌、新聞で活躍している横山ルリカさん

過去10年のデータが通用しない?

横山ルリカ 昨年度の年度代表馬エフフォーリア(牡4歳)と、上がり馬のジャックドール(牡4歳)の初対決は見どころですよね。順当なら、この2頭で決まるかなと思っています。

 例年のBコースでは阪神・内回り2000mというのは、4コーナーで絶対に前のほうにいないといけないコースですが、昨年と今年はAコースということで過去10年の脚質のデータがどこまで通用するかわかりません。

 ただエフフォーリアに関しては自在性のある馬なので、ポジションもある程度融通が効くのは強みですね。ドバイでのレースを視野に入れず国内専念ということですが、横山武史騎手の1週前追い切りのコメントは「有馬記念の1週前よりはいいと思うけど」という、完調手前と思うような感じでしたので、そこは気になります。

 馬場もコースも不問ですし、いろんな条件を問わないで好走できているので、死角があるとしたら、調子と、初の関西への長距離輸送だけかなと思います。最終追い切りとジョッキーや陣営のコメントを聞いたうえで、本命にするか対抗にするか悩んでいます。

 ジャックドールは、GU金鯱賞(中京・芝2000m)でレコードタイムを出したあとの中2週で、反動がどうかということと、週中の雨、日曜も阪神は雨予報ということが気になります。

 もし晴れて馬場が悪くならなければ、スピードが持ち味のジャックドールには追い風という感じがします。同じような脚質のパンサラッサ(牡5歳)がドバイに遠征してくれたのも、ハイペースでの競い合いによる共倒れを回避できる意味でよかったと思います。何がなんでもいきたい馬も見当たらないし、競ったら共倒れになってしまうと思わせる持ち味があるので、そこが強みですね。

 筋肉質でゴツいせいか、すごいスピード馬という感じはしないですが、ラップを見たらけっこうえげつなかったりしますよね(笑)。各馬がポジションを上げたいところでさらに突き放せるので、ダイワスカーレットとタイプとしては似ているのかな? 金鯱賞も重賞初出走でどうなのかなと思いきや、ラップもすごくよかったですし、大阪杯を勝てるだけの時計だと思うので、あとは雨だけ降らないでほしいです。

 自分の競馬に徹して単騎で逃げられる形になるのが、現役最強馬を倒す条件として最大のチャンスという気がします。

続きを見る

関連記事(外部サイト)