坂本花織の五輪メダル獲得の夢を叶えた「努力の才能」。五輪前に語っていた表彰台への思い


「スターズ・オン・アイス」に出演した坂本花織

バッサリと切ったショートヘアで登場

4月2日、大阪。アイスショー「スターズ・オン・アイス」の合間のトークショーでは、現役引退を決めた宮原知子のパートナーとして、平昌五輪の同志である坂本花織(シスメックス)が登場した。バッサリと短く切った髪は、その快活さに合っていた。

「バカ真面目!」

 宮原についての印象を聞かれた時、坂本は間髪入れずに言った。言い回しが彼女らしい。

「あ、めっちゃ真面目! 練習熱心で、人がいないところでも手を抜かない。抜くことを知らない」

 司会に「表現が......」とたしなめられると、坂本は慌てて言い直した。その天真爛漫さが憎めない。会場に優しい笑いが起こるのは、彼女の本質に悪意がないからだ。

 しかし北京五輪での銅メダル、その後の世界選手権優勝の道のりは、奔放さだけでたどり着けるものではなかった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)