女性ゲーマー・はつめも陥る不健康生活。曜日も時間もわからず「自律神経を壊しがち」


日本人4人目の女性プロゲーマーとして活躍したはつめ

はつめインタビュー前編

体が追いつかなかった

 近年、eスポーツが急速に注目を集めている。全国高校eスポーツ選手権、STAGE:0、RAGE、X-MOMENTなどの主要な大会やリーグをはじめ、毎週のようにコミュニティー大会が数多く開催されている。eスポーツの試合観戦や動画視聴をするファンは国内で約700万人と言われ、この数はさらに伸びていく見込みだ。

 しかしeスポーツの浸透度を考えるとまだ黎明期にあると考えられ、多くの課題を内包しているのも事実。今回は2017年に日本人4人目の女性プロゲーマーとしてデビューしたはつめに、自身の経験から感じたeスポーツの課題について語ってもらった。

 はつめは、格闘ゲーム「ストリートファイター」の全世界ツアー「CAPCOM Pro Tour」へ出場し、世界有数のプレーヤーが集う「EVO」にも参加。2018年にはプロゲーミングチーム「父ノ背中」に加入するなど、格ゲー界では知る人ぞ知る存在だ。プロゲーマーとしてメインストリームを歩んできた彼女に、当時を振り返ってもらった。

「毎年夏にラスベガスで開催されたEVOは、ティア(大会の規模や実力の階層)が高いのと、長く続いている大会ということもあって、毎年楽しみにしていました。3年くらいツアーで海外を回っていたんですが、本当に全部すごくいい大会でした。回数を重ねるごとに、全然知らなかった地元のプレーヤーたちに顔を覚えてもらったり、海外大会に行かなければ経験できないコミュニケーションがたくさんあったので、楽しかった思い出がいっぱいあります」

 はつめは、世界各地で開催された大会に出場し、充実の日々を送っていたが、負の側面も少なからずあった。

「当時は、金曜日の朝に飛行機で時差のある国に行って、大会に出て、月曜日に戻ってきて、また次の金曜日に飛行機でまた別の時差のある国に行く生活をしていました。それを3年くらい続けていたので、体調を崩すことが多かったです。

 最後の1年は、日本に帰ってくるたびに40度の熱が出ていて、数日で治して、また飛行機に乗るという生活をしていました。一緒に参戦するみんなも飛行機で寝るために睡眠薬を飲んで時差を合わせていたんです。それはやっぱり体にきますよね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)