「ウマ娘」ウオッカの重要な転換点となるヴィクトリアマイル。このレースでスランプを脱し、秋天の名勝負へ

 メディアミックス作品「ウマ娘 プリティーダービー」において初期から登場し、ボーイッシュなキャラクターとして描かれているのが、牝馬として64年ぶりにGI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したウオッカである。史実では好敵手だったダイワスカーレットとの関係は、「ライバルであり無二の親友」として描かれている。


前年2着の雪辱を果たし、2009年のヴィクトリアマイルを制したウオッカ

 実際のGIオークス(東京・芝2400m)では、ダイワスカーレットが感冒で出走を見送ったため対戦がなかったのに対し、ゲーム版ではオークスで対戦を選択できる『if』も用意されている。

 しかし、ダイワスカーレットが生涯をとおして一度も連対を外したことがなかった(12戦8勝2着4回)のに対して、ウオッカは常に安定していたわけではなく、とりわけ日本ダービーを勝利したあとから7連敗を喫したスランプともいえる時期があった。その7戦目にあたるのが、4歳時に出走したGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)である。敗れはしたものの、2着となって前年のダービー以来の連対を果たした。

 現役中、7つのGIを制したウオッカであったが、意外にも牝馬限定のGIとは相性がいいほうではなかった。例えば、3歳時はGI桜花賞(阪神・芝1600m)やGI秋華賞(京都・芝2000m)でそれぞれダイワスカーレットに敗れているほか、GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)は当日に跛行(はこう/歩行に異常をきたしている状態)で出走を取り消した。

 そして4歳時のヴィクトリアマイルは、もちろん勝ったエイジアンウインズの走りもすばらしかったが、ウオッカ自身もキャリアをとおして最低体重となる478kgでの出走だったのも勝ちきれなかった要因のひとつでもあった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)