カワイイランキング上位常連のHaruka。Dリーグデビュー時に抱いた感動と「泣きたくなった」過去とは


USEN-NEXT I'moonに所属するHaruka


 現在、セカンドシーズンを戦うプロダンスリーグ「D.LEAGUE」。11チームが12ラウンドに渡って、ステージ上で熱いショーケースを披露しているが、Dリーグを楽しめるのは、ステージの上だけではない。SNSでもさまざまな発信を行なっており、なかでもYouTubeでの企画は人気が高い。そのひとつが、「カワイイ!ランキング!!」。各チームが、Dリーガーのなかでカワイイと思うダンサーを選ぶ企画で、各チームが3人をピックアップしている。

 その3人のなかに高い確率でランクインしているのが、唯一のガールズグループ「USEN-NEXT I'moon」のHarukaだ。彼女に受賞の喜びなどを聞いてみた。

うれしい気持ちでいっぱい

――「カワイイ!ランキング!!」でかなりの確率で上位にラインクインされていますが、率直な感想を教えてください。

 きれいで、かわいくて、かっこいいDリーガーがたくさんいるなかで、私が3位以内に選ばれるとは思っていなかったので、素直にうれしい気持ちでいっぱいです。

 I'moonのメンバーはみんなそうなんですが、見られるお仕事なので、外見には気を遣っています。ダイエットをすることもありますし、メイクの勉強をしたり、ファッションにもこだわっています。

――Dリーグは短い期間だと、約2週間に1回、新しいショーケースを踊ります。ハードな毎日を送っていると思いますが、たとえば2週間で仕上げる場合、どんなスケジュールになりますか。

 試合が終わった次の日から、次の試合に向けて、みんなで練習していく感じですね。たまにオフはあるんですが、ほぼ毎日練習しています。I'moonには高校生のメンバーがいるので、練習は17時から20時になります。

 練習までの時間は、私は最近ダイエットしなきゃと思っているので、朝にウォーキングに行ったりしています。そこからお昼ご飯を作って、午後になったら準備してレッスンに行っています。

続きを見る

関連記事(外部サイト)