ロコ・ソラーレ鈴木夕湖が北京五輪序盤で涙を見せた真相。立ち直る契機となったライバルと兄からの言葉

ロコ・ソラーレ連続インタビュー
第2回:鈴木夕湖

第39回 全農 日本カーリング選手権(アドヴィックス常呂カーリングホール)が5月22日から始まる。その注目の大会を前にして、北京五輪で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレの面々に話を聞いた――。


北京五輪でも堅実なプレーでチームのメダル獲得に貢献したセカンドの鈴木夕湖

――2度目の五輪はいかがでしたか。

「すごく楽しかったです。今まではオリンピックって『とんでもなくスペシャルな試合』というイメージだったんですけど、2回目の出場で『大きな大会のひとつ』という感覚に少し近づいたかもしれません」

――4年前の平昌五輪を終えた時、鈴木夕湖選手は大会中に選手村でハードにトレーニングをこなし、疲れが残ってしまったことを反省点に挙げていました。

「そうなんです。平昌五輪では大会の後半で疲れを感じたので、北京五輪ではその点を意識して、選手村ではめっちゃ休んでいました。むしろ、何もしていないくらい。オフの日にちょっとお散歩する程度でした」

――オリンピックにおける選手村での生活にも慣れたのでしょうか。

「う〜ん、そもそも平昌五輪の時の記憶があまりないんですよね。緊張もあったんですかね。疲れもあったし、平昌五輪の時は選手村で何をしたとか、まったく覚えてないんです」

――選手村で写真を撮ったりしなかったのでしょうか。

「携帯を変えたりしたので、それも残ってないですね。もともと写真はあまり撮らないんですよ。別に主義とかがあるわけではなく、単純に撮ることを忘れちゃう」

――北京五輪でも写真を撮ることはなかったですか。

「平昌五輪の時よりは撮っています。ビンドゥンドゥン、(石崎)琴美ちゃんの美脚、(吉田)夕梨花のネイル、味の素さんが用意してくれた食堂(G-Road Station)のパンダのぬいぐるみとか(笑)。でも、それくらいです」

続きを見る

関連記事(外部サイト)