八村塁のNBA3年目をウィザーズ番記者4人が総括。3Pの向上を称賛も、ディフェンスには厳しい指摘

 八村塁にとって、NBAでの3年目はどんなシーズンだったのか。

"個人的な理由"でシーズン前半戦のほとんどを欠場し、周囲を心配させた八村だったが、1月上旬に復帰して以降は驚くほどに元気な姿を見せた。徐々にプレーイングタイムを増やしていき、カイル・クーズマや、途中加入のクリスタプス・ポルジンギスといった他の主力メンバーにもすぐに適応。3月19日以降の13戦はすべてスタメン出場し、そのままシーズン終了を迎えた。


番記者が指摘したディフェンス面の課題とは?

 今季の最終成績は平均11.3得点、3.8リバウンド、1.1アシスト、0.5スティール、0.2ブロック。フィールドゴール(FG)成功率49.1%、3ポイントショット(3P)成功率44.7%はいずれも自己ベストで、特にスタメンで出た13戦の平均14.2得点(FG成功率49.0%)は過去2年を上回っている。ただ、ディフェンス、リバウンドなどに課題を残したのも事実だ。

 そんな八村のシーズンを、ウィザーズの番記者たちはどう見ているのか。ウィザーズの戦いを現地で追いかけた4人に3つの質問をぶつけ、今季の八村を総括するとともに、今後を占ってみた。

【パネリスト】

●エバ・ウォーレス(2019−20シーズン途中からワシントンポスト紙のウィザーズ番記者を務める女性ライター)

●チェイス・ヒューズ(NBC Sports Washingtonでウィザーズのレポーターを務める)

●ニール・ダラル(Hoop Districtの記者としてウィザーズを取材)

●ザック生馬(ウィザーズ日本語サイトの公式特派員として八村のNBA1年目からウィザーズに帯同)

Q1.今季の八村のプレーでもっとも評価している部分は?

ウォーレス シーズン前半戦のほとんどを欠場しながら、復帰後は自信を持って3Pを打っていた。自己最高の3P試投数、成功率をマークし、チームに必要だった得点源のひとつになった。

ヒューズ 3Pシューターとして向上したことに尽きる。その点が、カレッジ卒業後にNBA入りして以降の2年間、常に疑問視されてきた部分だった。だが今季、八村は突如として、チーム内でもっとも正確な3Pを打つようになった。シーズン前半戦をほぼ欠場したため、サンプルとなる期間は短かったのかもしれないが、シュートフォームの改造によって向上したことを考えれば、今後も高確率を維持できるのではないかと思う。八村のシュートはより大きな弧を描くようになった。これまでの努力が報われたのだろう。

続きを見る

関連記事(外部サイト)