「伊調馨さんは現役を引退されたのですか?」。オリンピック4連覇の最強女王に素朴な質問をぶつけてみた

伊調馨インタビュー@前編

 2004年のアテネ大会を皮切りに、2008年の北京大会、2012年のロンドン大会、そして2016年のリオデジャネイロ大会でも金メダルを獲得し、女子個人選手として史上初のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨。世界中の誰もが勝てない「無敗の最強女子」として、吉田沙保里とともに日本レスリング界を牽引してきた。

 そんなオリンピックのシンボル的存在として輝かしい実績を誇る伊調だが、東京五輪への出場を逃したあとは、ほとんどメディアに露出することがない。いったい今、彼女は何をしているのか----。素朴な疑問をぶつけに会いに行ってきた。

   ※   ※   ※   ※   ※


伊調馨が現在の日々の暮らしを語ってくれた

---- 2018年2月にスポルティーバでインタビューを行なった時は、所属するALSOKの広報部に異動して、社内報の製作に携わっていると言っていました(2018年2月9日掲載コラム『伊調馨がALSOK広報部に異動したので、さっそく名刺交換してきた』参照)。

 あれから4年4カ月。東京五輪や新型コロナウイルスなど大きな出来事が数多くありましたので、近況を聞きに来ました。まずは率直にお尋ねします。伊調さんは現役を引退されたのですか?

「今も所属はALSOK広報部ですが、レスリング部では『コーチ兼選手』という肩書きです。なので、レスリング部の大橋正教監督のもと、所属する選手たちの指導にあたっています。まぁ、といっても、ふだんは自分の練習しまくりですけど」

---- 練習を続けているということは、今後、大会への出場は?

「いや、今のところ、その予定はありません」

---- 再度確認しますが、伊調さんは「引退」されたのではないのですね。

「はい。『引退』ということはまったく考えていないし、自分の口から言わなければいけないことだとも思っていません。ただ、毎日レスリングをやり続けたい。それだけです」

---- オリンピックを連覇していた時期も後輩からアドバイスを求められたり、時には技術指導も行なっていました。その状況とは違い、本格的に選手を指導するようになったのはいつからですか?

続きを見る

関連記事(外部サイト)