新生U−19日本代表は「令和らしい」インターナショナルな面々。スペインの16歳、イングランドの18歳、オーストリアの19歳…

U−19日本代表「ダイヤの原石」@海外組編

 南フランス開催のモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)に参加したU−19日本代表を率いるのは、東京ヴェルディの監督やレアル・ソシエダの育成部門で研修した経験を持つ冨樫剛一監督。彼の脇を固めるスタッフには、船越優蔵コーチ、川口能活GKコーチ、内田篤人ロールモデルコーチと、現役時代に活躍した人物が揃う。

 2003年1月1日以降に生まれた世代を集めた今回のU−19日本代表には、海外クラブに所属する選手も招集された。そのうちふたりは、日本国内ではなく海外現地育ち。国際色の豊かな"令和らしい"代表でもある。前回の「国内組」に続いて、次は「海外組」の3人を紹介する。

◆U−19日本代表@国内組編はこちら>>「日の丸を背負って"キャラ変"した選手も...」


バルサの下部でプレーする16歳のDF橋センダゴルタ仁胡

★橋センダゴルタ仁胡(たかはし・センダゴルタ・にこ/DF/16歳/バルセロナ・フベニールB)

 2005年8月16日生まれ、スペイン・バルセロナ出身。日本人の母親とアルゼンチン人の父親の間に生まれた。今回招集されたU−19日本代表メンバーのなかでは最年少で、バルセロナのフベニールB(U−18に相当)に所属している。

 日本に住んだことはないと言う。しかし、「いつもお母さんとは日本語をしゃべっとるけど、難しい言葉はもしかしたら......」と、ペラペラな関西弁を操るアンバランスさが面白い。

 現在はスペイン、アルゼンチン、日本と、3つのパスポートを持つ。2001年にはU−16スペイン代表に招集されたこともあったが、日本代表を目指すために日本を選択することになるだろう、とのこと。

 幼少期はフットサルにも親しんだ。その影響もあってか、左足の正確なキックを武器とし、今大会のコモロ戦には左サイドバックとして先発出場している。

 代表でのプレーについて、橋はこう語る。

「バルセロナとちょっと(やり方は)違うけど、ちょっとずつ慣れていくところ。バルセロナはもっとボールが動く。でも、代表には代表のサッカーがあるから、僕がアダプト(適応)せないかんと思います。

 日本代表ってインテンシティが高い。ちゃんとチームで働かなきゃあかん。プレッシャーに行くのも日本のほうが多いかも」

続きを見る

関連記事(外部サイト)