マーメイドSは4年連続で「軽ハンデの人気薄馬」が勝利。今年、波乱を起こしそうな馬は?

 6月19日、阪神競馬場で3歳以上牝馬によるハンデ重賞、GVマーメイドS(芝2000m)が行なわれる。

 マーメイドSは近年、波乱が続いている。特に過去4年は「軽ハンデの人気薄馬」が制しており、斤量51kgで10番人気のアンドリエッテ(2018年)、同51kgで7番人気のサラス(2019年)、同50kgで7番人気のサマーセント(2020年)、同50kgで10番人気のシャムロックヒル(2021年)が勝利。1番人気の馬は6年連続で馬券圏内を外し、2019年の39万1310円を最高に、3連単は4年連続で10万円超えとなっている。

 このレースを血統的視点から分析していこう。人気薄で勝った前述の4頭の血統を見ると、3頭に共通するのが母系のアンブライドルドだ。2018年に勝ったアンドリエッテは祖母の父に、姉妹でもあるサラスとシャムロックヒルは、母の父タピットの母の父にこのアンブライドルドを持っている。

 今回、この血を持っている馬で筆者が推したいのが、斤量51.0kgのトウシンモンブラン(牝4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。


前走のテレ玉杯を勝利したトウシンモンブラン

 同馬は母の父が、北米リーディングサイアーになったことのある名種牡馬エンパイアメーカーで、その父がアンブライドルド。祖母トレンドハンターはGVフラワーCの勝ち馬でGT桜花賞でも3着に入ったことがある。昨年の「最優秀2歳牝馬」サークルオブライフや、今年のGVきさらぎ賞を勝ったマテンロウレオと同牝系で、勢いのあるファミリーでもある。

 父ルーラーシップの産駒はマーメイドSで1戦0勝。だが、昨年のGV福島牝馬Sを勝ったディアンドル、2020年の中山牝馬Sを勝ったフェアリーポルカなど古牝馬のハンデ重賞での実績もあり、その母エアグルーヴは1997年のマーメイドS勝ち馬。また、ルーラーシップの父キングカメハメハの産駒は、2014年ディアドラマドレ、2017年マキシマムドパリと、このレースで2勝を挙げている。全体的に見て、このレース向きの血統馬と言えるだろう。

続きを見る

関連記事(外部サイト)