内山高志が絶賛する、武尊を退けた那須川天心のジャブと距離感。ボクシング転向後も「活躍する可能性は十分にある」

 日本格闘技界、夢の一日『THE MATCH』。東京ドームは5万6399人もの観客を飲み込んだ。


右ジャブで武尊(左)の前進を止める那須川天心

 K-1、RISE、SHOOT BOXING......選手たちが各団体の看板を背負っての戦いとあって緊張感のある熱い戦いが続くなか、会場の熱量が一気に高まったのは、休憩を挟んで後半戦の幕開けとなった第9試合、K-1・芦澤竜誠(DRAGON FISH)対RISE・YA-MAN(TARGET SHIBUYA)の一戦だ。

 両者は、試合決定会見と前日計量でバチバチの舌戦と乱闘を繰り広げ、「裏メイン」「喧嘩マッチ」と注目を浴びた。大会当日も、会場内の大型モニターに2人が映るたびに、観客からは大きな拍手と歓声が上がった。

 全15試合中、唯一のオープンフィンガーグローブで行なわれたたこの試合は、1ラウンドにYA-MANが芦澤から2度のダウンを奪い、109秒でTKO勝利。試合後に2人は歩み寄り、芦澤が「お前、強かった」と称えれば、YA-MANも「こっちの土俵でやってくれてありがとう」と感謝を伝え、因縁を吹き飛ばした。

 リング上のマイクでYA-MANは「凡人が、気合と根性だけあれば格闘技の最高峰の舞台に立てるってことを証明したと思う。努力すればここまで来れるんで、みなさん頑張ってください!」と熱いメッセージ。そして「このあと、那須川天心がやってくれる。武尊選手もやってくれると思うので、みなさん、最高のエンターテインメントを応援してください!」と場内を沸かせてリングをあとにした。

内山高志「天心選手のパンチの技術、うまさが光った」

 その言葉通り、那須川天心(TARGET/Cygames)と武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の試合は最高の盛り上がりを見せた。試合前は「武尊が最初から圧力をかけにいく」と予想する声が多かったが、天心はそれをさせなかった。

 試合をコントロールしたのは天心の右のジャブ。プロキックボクサーの指導経験もあり(YA-MANもそのひとり)、YouTubeのコラボでは天心のミットを持ったこともある元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏は、そのジャブをこう評した。

続きを見る

関連記事(外部サイト)