稲本潤一が振り返る日韓W杯のチーム内事情。中田英寿との関係性や「ピカイチ」と絶賛した選手との連係

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
稲本潤一インタビュー(後編)

 2002年の日韓ワールドカップ、稲本潤一はトルシエジャパンの敷く3−5−2システムにおいて、攻守のカギを握るボランチを務めた。

 ピッチ上で助け合った当時の日本代表メンバーたちを、当時22歳の稲本はどう見ていたのか。インタビュー前編ではゴールキーパー、「フラット3」を支えたディフェンダー、ボランチたちの話を聞いた。

 後編では豪華な中盤やフォワード陣、さらには20年前の自身についても振り返ってもらった。そして最後、強烈なインパクトを放ったフィリップ・トルシエ監督への思いとは......。

>>稲本潤一(前編)はこちら>>バチバチのライバル関係や中村俊輔の落選など、どう感じていたのか

   ※   ※   ※   ※   ※


中田英寿と稲本潤一は学年で3年違い

---- 日韓ワールドカップで稲本選手は戸田和幸選手(清水エスパルス/当時、以下同)とボランチを組んでいましたが、同じポジションには福西崇史選手(ジュビロ磐田)もいました。

「フクさんも相当、能力が高かったですね。なぜ僕が(先発で)出られたのかわからないくらい、力のある選手でした。僕と代わることが多かったですけど、途中から入っても素晴らしいプレーを見せてくれていたので、交代してもしょうがないくらいの気持ちでしたよ」

---- 中盤には小野伸二選手(フェイエノールト)、小笠原満男選手(鹿島アントラーズ)と、ふたりの黄金世代のメンバーがいました。

「満男はヒデさん(中田英寿/パルマ)とポジションが被るところもあって、出番は限られましたけど、負けている状態であればボランチを1枚削って、ヒデさんと満男が並んだこともあったと思います。

 ワールドカップではチュニジア戦の最後に少し出ただけでしたけど、ヒデさんと能力の差はなかったと思っています。陰に隠れがちですけど、もっと試合に出てもおかしくなかったと思いますね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)