アームレスリング世界一の男女が明かす日々のトレーニング。「全然違う」方法で頂点を極めた

アームレスリング世界一
小寺弘士&山田よう子インタビュー 前編

 誰もが一度はやったことがあるだろう腕相撲。対戦相手と手を組み、肘をつき、相手の腕を押し倒せば勝ちというシンプルなルールだ。その腕相撲を、正式な台の使用や世界共通のルール設定、体重によるクラス分けなどスポーツ化したものがアームレスリングとなる。

 この競技で世界の頂点を極めた男女がいる。全日本選手権6階級優勝、世界大会−55kg級優勝、W杯2019で日本人初優勝を成し遂げた小寺弘士と、全日本選手権13連覇、世界大会−45kg級、−52s級で優勝という快挙を果たした山田よう子。そのふたりが、アームレスリングの世界に入ったきっかけやトレーニング方法、世界一までの道のりを語った。


ともにアームレスリング世界一になった山田よう子(左)と小寺弘士

***

最初の大会でいきなり優勝

――まずは小寺さんから、アームレスリングを始めたきっかけを教えてください。

小寺 子どもの頃から腕相撲が好きで、友達同士でよくやっていました。本格的にやるようになったのは20歳くらいの頃からです。当時、空手を習っていたんですが、道場の全員と腕相撲をやったことがあって。僕の体重は55kgくらいだったんですけど、体重100kgくらいの、ベンチプレスで200kgを上げる人にも勝ってしまったんです(笑)。

――それが本格的にやるきっかけになった?

小寺 そのあと、筋トレをしていたジムでは、レスリングをやっている体重140kgくらいの人にも勝てたんですよ。そうしたらジムの先生から「アームレスリングをやったら世界チャンピオンになれるから、1度大会に出てみたら?」と言われて。アームレスリングの世界に足を踏み入れたのはそこからです。

―― 一方の山田さんは、もともと女優をやられていたとのことですね。叔母が大女優・南田洋子さんということで、周囲からも注目されていたと思います。

山田 ただ、「南田洋子の姪っ子」という肩書がついて回ることは嫌でした。私は出演2本目の舞台で主役に選ばれたんですが、"七光り"と見られているのがわかっていた。だから、バックレちゃったんです。当然、連絡はものすごくきましたよ。洋子おばちゃんからの電話もありましたが、それにも出ず。それが20歳くらいの時でした。

続きを見る

関連記事(外部サイト)