ラジオNIKKEI賞は信頼度上昇中の「過去データ」から導き出した3頭に妙味あり

ラジオNIKKEI賞は信頼度上昇中の「過去データ」から導き出した3頭に妙味あり

ラジオNIKKEI賞は信頼度上昇中の「過去データ」から導き出した3頭に妙味ありの画像

「残念ダービー」といった俗称でも知られる3歳馬限定の重賞、GIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)が7月3日に行なわれる。

 夏場のハンデ重賞ということもあって、とにかく波乱の多い一戦だ。過去10年の結果を振り返ってみても、3連単はすべて万馬券。しかも、10万円超えの高配当となった年が6回もある。なかでも、2013年には8番人気のケイアイチョウサンが金星を挙げ、2着に14番人気のカシノピカチュウ、3着に5番人気のアドマイヤドバイが入って、91万7500円という高額配当を記録した。

 さらに、ここ3年は1、2番人気がいずれも馬券圏外に沈んでいる。となれば、今年も穴狙いに徹するべきだろう。そこで、馬連万馬券となったGIIIユニコーンSでも1、2着馬を導き出した直近10年の結果を参考とした"過去データ"から、今回のレースで激走を果たしそうな伏兵馬をあぶり出してみたい。

 まず狙いたいのは、「前走でGIを惨敗した馬」である。過去、こうしたタイプの馬が何度となく馬券に絡んでいるからだ。

 例えば、先述したカシノピカチュウ(前走=NHKマイルC9着)、2014年に7番人気で3着と善戦したウインフェニックス(前走=NHKマイルC11着)、2016年に9番人気で2着と奮闘したダイワドレッサー(前走=オークス8着)、同年に5番人気で3着となったアーバンキッド(前走=NHKマイルC16着)、2019年に9番人気で2着と好走したマイネルサーパス(前走=ダービー11着)、2021年に11番人気で2着に突っ込んできたワールドリバイバル(前走=皐月賞12着)らがそうだ。

 ということで、こうしたパターンの馬は外せない。しかし今年は、該当馬が何頭かいるうえ、いずれも上位人気になりそうな馬ばかり。そうなると、穴馬を推奨するここではオススメしづらいが、比較的人気薄になりそうな馬が1頭いる。

 クロスマジェスティ(牝3歳)だ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)