中村憲剛と佐藤寿人がワールドカップに行けると思った時は?「タマーダのあとがマキじゃなくて…」

日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画
「日本サッカーの過去・現在、そして未来」
中村憲剛×佐藤寿人
第11回「日本サッカー向上委員会」@中編

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第11回は今年11月にカタールで開催される4年に一度のビッグイベント「ワールドカップ」について語ってもらった。

>>第11回@前編はこちら>>「岡野!なんでパスしてるんだよ!」

   ※   ※   ※   ※   ※


2006年ドイツ大会の日本代表メンバーを発表するジーコ監督

---- 20年前の日韓ワールドカップの盛り上がりは、本当にすごかったですよね。日本中が熱狂しました。

中村 ベルギーと引き分け、ロシアに勝って、チュニジアにも勝って、決勝トーナメントの1回戦はトルコだったから、もっと上に行けるって大盛り上がりだったんですけどね。

---- 最後は消化不良に終わってしまいました......。

中村 見ていても、予選リーグの時よりもスタジアムが盛り上がりに欠けた感じでしたよね。雨で日本中の盛り上がりが鎮火させられたみたいな感覚で。「どうした、日本?」みたいな感じで終わってしまったのは残念でしたね。

佐藤 あの時はトルシエ監督が、メンバーを変えたんですよね。「なんでいじったの?」って思いましたもん。

中村 もちろんケガだったり、疲労だったり、いろんな理由があったとは思いますけど、メンバーを変更せざるを得なかったことでそれまでの連係が少しなくなってしまったなと、学生ながら見て感じました。

 個人的には、あの時の日本代表の裏側を撮影し続けていたDVDが大会後に発売されたじゃないですか。『六月の勝利の歌を忘れない』っていうタイトルで。あれは人生のなかで一番見たDVDと言っても過言ではないくらい、大好きな作品ですね。

続きを見る

関連記事(外部サイト)