森保一監督の本性が見えた日本代表メンバー。選出ゼロの鹿島ファンはブーイングで応えるべきだ

 東アジアE−1選手権に臨む日本代表選手26人が、以下のように発表された。

GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)、谷晃生(湘南ベルマーレ)、鈴木彩艶(浦和レッズ)

DF
佐々木翔(サンフレッチェ広島)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、山根視来(川崎フロンターレ)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)、小池龍太(横浜F・マリノス)、中谷進之介(名古屋グランパス)、荒木隼人(サンフレッチェ広島)、大南拓磨(柏レイソル)、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

MF/FW
水沼宏太(横浜F・マリノス)、武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)、宮市亮(横浜F・マリノス)、橋本拳人(ヴィッセル神戸)、野津田岳人(サンフレッチェ広島)、脇坂泰斗(川崎フロンターレ)、西村拓真(横浜F・マリノス)、相馬勇紀(名古屋グランパス)、岩田智輝(横浜F・マリノス)、森島司(サンフレッチェ広島)、満田誠(サンフレッチェ広島)、町野修斗(湘南ベルマーレ)、細谷真大(柏レイソル)、藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)

 今季のJリーグを見て思うことは、横浜F・マリノスの強さだ。ケヴィン・マスカット監督は、アジアチャンピオンズリーグも含めて、2試合続けて同じスタメンで戦ったことはないと記憶する。長いシーズンの先を見越し、選手をローテーションしながら無理をせずに戦っている。


横浜F・マリノスからは水沼宏太をはじめ最多の7人が選出された

 勝ち点5差で追走する2位・鹿島アントラーズ、7差で追走する3位・川崎フロンターレより、余裕を垣間見ることができる。馬なりであるにもかかわらず、首位を走っている印象だ。実際の差は、勝ち点差以上にあると筆者は踏む。森保一監督が東アジアE−1選手権に臨む日本代表に、横浜F・マリノスから7人の選手を選出したことに対して異論はない。

 一方で、それ以下のチームは混戦だ。上位と下位の間に大きな差はない。勝ち点は実際、最下位のジュビロ磐田まで僅差で並んでいる。1強とそれ以下の戦い。これが実態だと考える。選手も各チーム、粒ぞろいだ。17位の清水エスパルスにも代表に選びたくなる選手はいる。

 こうした混沌とした状況のなかで、誰を今回、東アジアE−1選手権の代表に選ぶか。

続きを見る

関連記事(外部サイト)