羽生直剛の日本代表ベストゲーム。試合後「オシムさんが目を合わせて、うなずいてくれた」

日本代表「私のベストゲーム」(12)
羽生直剛編(前編)

 1979年生まれの羽生直剛は、いわゆる"黄金世代"のひとりである。

 10代にして頭角を現した小野伸二や稲本潤一らに比べれば遅咲きだったとはいえ、2002年に筑波大学からジェフユナイテッド千葉(当時はジェフユナイテッド市原)に加入して以降、2017年シーズンを最後に現役を引退するまで、プロとしてのキャリアを長らく歩み続けた。

「『おまえみたいなレベルでは、プロになれるわけがない』とか、『なれたところで、2、3年で終わる』とか言われていましたし、『おまえは教員免許をとったんだから、その後は先生になれ』って、そういうイメージをずっと刷り込まれていましたからね。僕は"隠れ黄金世代"なんです」

 そう言って苦笑する羽生は、「筑波大の食堂で安いカレーライスを食べながら、(黄金世代が準優勝した1999年の)ワールドユースをテレビで見ていました」。プロ入りしたあとも、「日本代表は具体的な目標では全然なかったです」。

 だが、周囲の予想に反し、羽生は16年間のプロ生活で日本代表に何度も選出され、国際Aマッチ通算17試合に出場した。

 そんな羽生が選んだ自身の日本代表ベストゲームは、2007年6月5日、埼玉スタジアムで行なわれたキリンカップ、日本vsコロンビアである。

「基本的に僕、代表で大した活躍をしていないので消去法ですね(笑)。胸を張って好パフォーマンスだったって言える試合はないんですけど、少し充実感があったのは、そのゲームだったかなっていう感じです」


羽生直剛が自らの日本代表ベストゲームに選んだ2007年のコロンビア戦

続きを見る

関連記事(外部サイト)