FW細谷真大はわずか3年でレイソルの象徴に。武器の「裏抜け」はオルンガを見て学んだ

サッカー日本代表「パリ世代」インタビュー04
細谷真大(柏レイソル/FW)前編

 今季、若手の台頭が著しい柏レイソルにあって、その象徴的存在となっているのが、細谷真大だ。

 中学時代から柏のアカデミー(育成組織)で育った細谷は、まだ柏U−18に所属していた高校3年時の2019年に2種登録でトップチームデビュー。以後、順調に成長を続ける20歳(※9月7日誕生日で21歳)は、シーズンを重ねるごとに出場試合数を増やし、今季J1では27試合出場7ゴールと、シーズン途中にしてすでに自己最多ゴール数を記録している(第28節終了時)。

チームへの貢献度の高さは、攻撃だけではない。守備においても、自慢のスピードを生かした高速プレスは威力抜群。柏の最前線に立つ生え抜きストライカーは現在、攻守両面でチームを牽引する役割を担っている。

   ※   ※   ※   ※   ※


細谷真大(柏レイソル)2001年9月7日生まれ

---- まずは、柏での現状について聞かせてください。チームは開幕直後から上位争いに加わり、細谷選手自身もすでに1シーズンでの自己最多ゴールを記録しています。

「チームとしても、個人としても、今季のリーグ戦は自分がイメージしたよりもいい形で入れました。ゴールやアシストも取れているので、少しは満足しているという感じです。ネルシーニョ監督から要求されていることをチーム全員でしっかり理解してシーズンに入れたので、はじめからからスムーズにいけたのかなと思います」

---- 「自分がイメージしたよりもいい形で入れた」ということですが、今季開幕前の柏は昨季までの主力選手がチームを離れ、決して前評判は高くありませんでした。そのなかでFWの軸を任されるプレッシャーはありませんでしたか。

「主力選手が抜けたことによって、自分のなかでは『チャンスが来たな』と感じていました。巡ってきたチャンスをうまく生かし、経験を積みながら活躍できればいいなと、前向きに考えていたのがよかったのかなと思います」


---- 細谷選手個人としても4月までに4ゴールと、シーズン序盤に結果が残せたのは大きかったのではないですか。

「序盤に結果が出たことで、自分の自信にもつながりました。去年までは(シーズンが始まっても)なかなか点が取れずにいたので、今年はうまく入れたと思います」

---- それでも昨季の成績は、リーグ戦28試合出場で5ゴール。プロ入り2年目としては、今季につながる手応えを感じたシーズンだったのではないですか。

「手応えはもちろんありましたけど、最後の"決めきる"っていうところでは、もちろん今でも課題ではありますけど、まだまだ足りなかったなと感じた年でしたね」

---- 細谷選手はU−15から柏のアカデミー育ちですが、プロフィールによると、小学生時代も千葉県柏市のチーム(柏A.A.TOR'82)に所属しています。茨城県牛久市出身の細谷選手が、なぜ柏のチームを選んだのですか。

「お父さんがそこを見つけてくれて、行ってみようか、という感じでした」

---- 小学生にとって、柏まで毎日練習に通うのは大変ではありませんでしたか。

「自分は楽しかったので、大変とは感じていなかったですけど、親はやっぱり大変だったと思いますね。電車で行くときもありましたけど、(親にクルマで)送り迎えしてもらうことが多かったですから」

---- 柏A.A.TOR'82は柏レイソルの提携クラブですが、そこへ入る時点で柏のジュニアユース(U−15)へ進むことを考えていたのですか。

「いや、そこに入った時は、ジュニアユースに行くことは考えていませんでした。6年生になったあたりから、レイソルのアカデミーにジュニアユースがあるということを知って、意識し始めたのはそのあたりからです」

---- 自分もレベルの高いところでやりたい、と。

「プロになるためには、柏のようなJクラブに入らないとダメだと思ったので、入る決断をしました」

---- 中学生になる時には、すでにプロになりたいと思っていたのですか。

「そうですね、(プロになりたいと思ったのは)そのタイミングでしたね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?