セントウルSで2強に割って入るのは? 穴党記者は激アツの穴馬2頭に熱視線

 今週からスタートする秋競馬。中京競馬場ではGIスプリンターズS(10月2日/中山・芝1200m)の前哨戦となるGIIセントウルS(9月11日/中京・芝1200m)が行なわれる。

 レースの傾向としては、1番人気が目下6連勝中。過去10年の結果を振り返っても、1番人気が10年連続で連対を果たしており、比較的堅い一戦と言える。

 ただし、時に伏兵の台頭も見られ、3連単ではしばしば好配当が生まれている。2012年には37万8500円、2015年には40万5590円といった高額配当も飛び出している。そうした状況を受けて、中日スポーツの大野英樹記者もこう語る。

「1番人気が6連勝中とはいえ、2年前には12番人気のメイショウグロッケが2着に食い込んだり、2015年には10番人気のアクティブミノルが勝つなど、波乱の要素を含んだ一戦であることは間違いありません」

 そして、今年も"荒れる"可能性は十分にあると大野記者は見ている。

「京都競馬場の改修工事によって、今年も中京競馬場での開催。同じく中京競馬場で行なわれた過去2年は、一昨年がダノンスマッシュ、昨年がレシステンシアと人気、実績ともに上位の馬が結果を残しましたが、はたして今回はどうか。

 今年はここをステップに、スプリンターズSでの戴冠を狙うメイケイエール(牝4歳)、米ブリーダーズカップマイル(11月5日/アメリカ・芝1600m)参戦を視野に入れるソングライン(牝4歳)が中心となりますが、いずれも目標は"次"。力は認めても、シーズン最初の戦いで"綻び"を見せても不思議ではありません」

 では、それら実力馬の間隙を突いて波乱を起こすのはどの馬か。大野記者は超人気薄となる"穴馬"の名前を挙げた。

「爆穴として注目したいのが、タイセイアベニール(牡7歳)です。前走のオープン特別・UHB賞(11着。8月14日/札幌・芝1200m)では、後方でじっくりレースを進めていたものの、直線を向くと前には馬群の壁がズラリ。ひと脚も使うことができませんでした。


セントウルSでの一発が期待されるタイセイアベニール

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?