日本のテニスコートに帰ってきた大坂なおみ。「テニスに関して、間違った方向にいっているとは思わない」

 新型コロナウィルスのパンデミックの影響で中止になっていた東レ パン パシフィックオープンテニス(以下東レPPO)が3年ぶりに開催され、大坂なおみが日本のテニスコートに帰って来た。「ディフェンディングチャンピオンと言われるのは妙な感じがしますが」と前置きをしながら、「もう一度ここ(東レPPO)で優勝したい」と気持ちを強くして戦いに挑んだ。


1回戦は、短時間だったが、久しぶりに日本のコートでプレーをした大坂なおみ

 今回ノーシードでの出場となった大坂(WTAランキング48位/9月19日づけ、以下同)は、1回戦でダリア・サビル(55位、オーストラリア)と対戦したが、大坂と日本の観客が、有明コロシアムで共有する時間は思いのほか短くなってしまった。

 第1セット大坂1-0で迎えた第2ゲーム、30-30となった場面で、サビルがフォアの逆クロスを打ってネットへつなげようとした際に、サビルは左足着地時にひざを痛め、そのままリタイアとなった。残念ながら試合は唐突に終わってしまったものの、3年ぶりに日本のテニスファンの前でプレーできたことを大坂は素直に喜んだ。

「ファンの皆さんに会えるのが、本当に久しぶりでした。今夜もこんな悪天候のなか、皆さんが観戦に来てくれて、本当に心から感謝しています」

 今大会では、新型コロナウィルス感染予防のため、観客は選手からのサインをもらうことができなくなっている。それでも、観客を気づかう大坂は、コートサイドでファンへ歩み寄ろうとしたり、大会スタッフの説明に納得できない部分があるかのように、退場する際にサインに応じたりする場面も見られた。

「私としては、できるだけ多くの人にサインをしてあげたいという気持ちになっていたんですけれども......。特に、子供たちもたくさん来てくれていたので。今日は、残念ながら(スタッフからサインを)してはいけないよと言われたので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今後何かしらの方法を見つけて、皆さんのサポートに対してお返しできればと思います」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?