ウマ娘で描かれる全力少女・ツインターボ。G I未勝利ながらも、オールカマーで見せた逃げっぷりに今もファンは魅了される

 メディアミックス作品「ウマ娘 プリティーダービー」において、登場するキャラクターのモデルとなった馬の多くがGI級の勝ち馬であるが、現役時代にGIに手が届かなかったキャラクターも登場する。そうした馬のほとんどがGI制覇まであと一歩まで迫った成績の持ち主だが、そんななかでも極めて異端的存在であり、現役時代から馬券の魅力とは離れたところで超個性派として人気を集めていたのが、今回取り上げるツインターボだ。


1993年のオールカマーでは5馬身差をつけて圧勝したツインターボ

 作中、アニメ版シーズン2では、トウカイテイオーを一方的にライバル視し、何度も挑戦状を叩きつけ、最終的には自身がオールカマーを勝つことで、トウカイテイオーの引退を踏みとどまらせたというエピソードが描かれている。

 ツインターボといえば、なんといっても玉砕的な大逃げである。気性面が災いし、トウカイテイオーと同世代でありながら、デビューは旧4歳(現3歳。以下同)の3月と遅かった。他馬を怖がる気性のため、スタートからエンジン全開と、まさに名は体を表すような走り。自身がガス欠になるのが早いか、他馬が音を上げるのが早いか、というレーススタイルで、デビューしていきなり連勝したように、早くから能力の一端を見せた。

 ダービー出走こそ叶わなかったが、5戦目となった当時「残念ダービー(ダービー出走・勝利が果たせなかった馬が集まることから)」とも呼ばれていたGIIIラジオたんぱ賞(現・ラジオNIKKEI賞 福島競馬場・芝1800m)で重賞初勝利。そのあとも、GIIセントライト記念(中山競馬場・芝2200m)、GIII福島記念(福島競馬場・芝2000m)と続けて2着に好走し、中距離重賞路線での活躍も期待されるようになった。

 旧5歳時は休養もあってわずか1戦にとどまったが、旧6歳を迎えて大きな輝きを放つ。

 アニメでは大スランプのように描かれていたが、1993年、年明け初戦のGIII日刊スポーツ賞金杯(現・中山金杯)では勝ち馬のセキテイリュウオーから0秒4差、好メンバーが集まった次戦のGII中山記念ではムービースターから0秒5差と、決して悲観するレース内容ではなかった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?