田臥勇太41歳。宇都宮ブレックスで迎える15シーズン目も「バスケットへの情熱は、むしろ増しているように感じる」

昨シーズン、B.LEAGUEが開幕した2016-2017シーズン以来、2度目の優勝を果たした宇都宮ブレックス。その宇都宮ブレックスで15年目のシーズンを迎える選手がいる。田臥勇太である。かつて県立能代工業高校(現・県立能代科学技術高校)で日本を沸かし、日本人初のNBAプレーヤーとなった彼も今年10月で42歳。それでもなおバスケットへの情熱を失わない田臥に15年目のシーズンに向けた意気込みと決意を語ってもらったーー。


「バスケをできることが幸せ」と語ってくれた田臥勇太

――7月22日に契約を結ばれて宇都宮で15シーズン目を迎えます。15年前と今とでは何か大きく変わりましたか? また何が変わっていませんか?

田臥勇太(以下、田臥) 変わらないのは、毎年契約を更新させていただいて、このチームでプレーできるありがたさ、うれしさ、感謝の気持ちです。これは契約を結ばせていただくたびに常に思うところです。一方で変わっていくのは、チームとして毎年メンバーが変わり、今年はコーチも変わる、そうした入れ替えの部分ですね。

――田臥選手自身はいかがですか? 入団当時は27歳で、今年42歳になります。変わってきているところもあるでしょう?

田臥 当然プレーヤーとしては役割が変わってきますよね。27歳でアメリカから戻ってきた時に比べると役割は変わってきていますけど、バスケットへの情熱は、むしろ増しているように感じます。若い頃は"プレー"の比率が大きかったところが、今はもっといろいろなこと、たとえばチームのことや、地域密着への意識がより強くなってきました。そうした環境が変わっていくなかで、自分自身の変化も楽しませてもらえていますね。

――昨シーズンが終了したところで、自由契約リストに載りました。ファンも心配をしたのではないかと思いますが、あの時はいくつかの選択肢があったのですか?

田臥 契約に関してはエージェントにまとめてもらっているので、時間がかかる時もあれば、そうでない時もあります。ただチームとはコミュニケーションを取りながら、話を進めていました。

――契約更新されたあとに「勝利のために自分ができることを全力でチャレンジしていきたい」とコメントしています。ヘッドコーチが変わり、数名ですが選手も入れ替わった今シーズン、田臥選手のチャレンジを、もう少し具体的に聞かせてください。

田臥 昨シーズンもメンバーは変わりましたが、特に主力が変わったことが大きかったように思います。そんななかでもチーム全員で日々成長して、全員で同じ方向を向いて進んでいこうとしていました。チャンピオンシップも、もちろん地区の1位か、2位で進めればよかったんですけど、とにかくチャンピオンシップに出ることを最初の目標に置いていたんです。結果としてワイルドカードでしたが、その目標をクリアできたことで、チームとしてまたチャレンジする機運も上がり、いざ始まったら......優勝という結果で終われたわけです。

 そう考えると、昨シーズンから学べたことは、長いシーズンのなかで一人ひとりがどれだけチームのために働けるか、それらがひとつになれるかです。今シーズンも新しいメンバーが加わり、昨シーズンのいい部分は残しつつ、新しいプラスアルファをどのようにチームに加えていくかだと思います。そのなかで僕自身はコート上でも、コート外でも、どういう状況であってもできることをしっかりと意識しながら、チームのためにやっていきたい思いが一番ですね。

――これまで築いてきた信頼関係があるからこそ、どんなことでもチームをサポートしていきたいという思いにさせている。

田臥 そうですね。プレー以外の部分でもコミュニケーションを取る大切さは長くやらせてもらえばやらせてもらうほど、強いチームを作っていくには重要なことのひとつだとわかってきました。少なくとも僕は他のメンバーよりさまざまな経験をしてきているので、コート外にもやりがいというか、責任のある仕事はあると思っています。

続きを見る

関連記事(外部サイト)