オールカマー、松山弘平騎手の始球式登場は本命デアリングタクトの勝敗を暗示するものなのか?

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

研究員「今週に入って、急に涼しくなりましたね」

所長「暑いと予想に集中できんからな、涼しくなることはええことや」

研究員「一緒に財布の中身まで涼しくならなければいいですけどね」

所長「やかましいわい!」

研究員「そういえば、松山弘平騎手が9月20日に甲子園で、クリストフ・ルメール騎手が9月22日に京セラドームで始球式を行ないましたね」

所長「どちらも、ホーム球団が負けてしまってな......。我が阪神タイガースに至っては8回裏にひっくり返したにもかかわらず、9回表に逆転されて......」

研究員「それはどうでもいいんですけど......。気になったのは、松山騎手がノルマンディーサラブレッドレーシングの勝負服で登場したこと。これは、オールカマーでデアリングタクトがくる、というサインなんじゃないですか?」


オールカマーに挑むデアリングタクト

所長「でもなぁ......、松山騎手を呼んだ阪神は負けちゃったからな......。逆に、デアリングタクトは"負ける"というサインなんじゃないか?」

研究員「確かに......。そういう見方もありますね」

所長「こうなったら、ついでに勝負服が"トラ柄"のソーヴァリアントもきってしまっていいんじゃないか」

研究員「それはちょっと強引な気がしますけど......、人気2頭が消せるとなったら、穴党としては魅力的ですね」

所長「じゃろ」

研究員「となると、その試合で勝った横浜DeNAベイスターズのほうに"馬券のサイン"が隠れているのかも?」

所長「ほう、どんなサインじゃ?」

研究員「ベイ"スター"ズですから、星柄を勝負服にたくさん使っているロバートソンキーとかどうですか? 勝負服の色も青と白でベイスターズカラーですし」

所長「それ、いいんじゃないか! 馬名のキー(Quay)は岸壁という意味で、"ベイ(湾)"スターズとは海つながりもあるしな。こうなりゃ、今回は同馬の単勝で大勝負じゃ。ガハハハッ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?