U-21日本代表、メダル獲得への本気度。A代表漏れの藤田譲瑠チマは何を思う

U-21日本代表、メダル獲得への本気度。A代表漏れの藤田譲瑠チマは何を思う

U-21日本代表、メダル獲得への本気度。A代表漏れの藤田譲瑠チマは何を思うの画像

 パリ五輪でのメダル獲得を目指すU-21日本代表が、アグレッシブな強化を続けている。

 9月にA代表がドイツで親善試合を重ねているのと時を同じくして、ヨーロッパに足を運んだU-21代表は、中3日の日程でスイス、イタリアと対戦。スペインサッカー協会が発表しているところによれば、11月にはスペインとのアウェーゲームも予定されているといい、豪華対戦相手との親善試合が目白押しだ。

「ヨーロッパのカレンダーと我々のカレンダーとがなかなか一致しないことが多いので、うまくいかないところはありますけど、マッチメイクに関してはすごく積極的に動いてくれているので、ぜひまたアウェーでレベルの高い相手とやりたいというリクエストは出してます」

 1-1のドローに終わったイタリア戦後、U-21代表を率いる大岩剛監督もそう話していたように、日本サッカー協会としても東京五輪で逃したメダルを次回のパリ五輪では是が非でも獲得すべく、この世代に力を注いでいる様子がうかがえる。

 とはいえ、本来的に"パリ世代"に望まれているのは、A代表の底上げ。U-21代表にとどまらず、A代表にも食い込み、既存戦力を脅かすことだ。大岩監督も常々話しているように、A代表に選ばれながらパリ五輪に出場する選手がどれだけ出てくるかが、結果としてメダル獲得にもつながる。

 その意味で言えば、今回のU-21代表のヨーロッパ遠征と並行して行なわれているA代表の活動にパリ世代の選手がひとりも選ばれなかったことは、彼らはまだまだ実力不足ということになるのだろう。

「今までとは少し違って、相手のプレッシャーにちょっとビビりながらやってしまった部分が多かったのかなと思います」

 そう語り、イタリアとのアウェーゲームを振り返ったのは、この試合でキャプテンを務めたMF藤田譲瑠チマだ。

 藤田は「ヨーロッパのチームと(続けて)戦うのは久々なので、本当に楽しかった」と言いつつも、「こういう試合を勝ちきることができないと、(パリ五輪)本大会でメダルには届かないと思うので、そこは反省して成長していくべきなのかなと思います」と、自戒の言葉を口にする。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?