現役引退のロジャー・フェデラー。多くの人に愛されたスーパースターがテニス界に残した功績を振り返る

「グレートジャーニーでした」

 ロジャー・フェデラーが、約24年間におよぶプロテニスプレーヤーの現役生活を終えた。41歳の決断だった。


2018年ATPファイナルズで対戦した時のフェデラーと錦織

「いつだって誰もが永遠にプレーしたい。僕は、テニスコート上にいることが大好き。選手たちとプレーすることも大好き。世界を転戦することも大好き。勝つことも、負けて学ぶことも、自分にとって苦痛だと感じたことは本当になかった。あらゆる面で自分のキャリアを愛していました。

 ある時期がきたら誰もが決断しなければいけないこともわかっていました。誰もがゲームから去らなければならないことも」

 2021年ウインブルドン準々決勝で敗れて以来、フェデラーはまったくプレーできておらず、彼のATPランキングはすでに消滅していた。

 現役最後の舞台が、ATPツアー公式戦ではなく、フェデラーのエージェンシーであるTeam8が中心になって作られたレーバーカップであることを意外だと感じた人も多いかもしれない。

 だが今回、会場となったイギリス・ロンドンにあるO2アリーナは、2009年から2020年まで男子ツアー最終戦・ATPファイナルズの会場として使用され、フェデラーにとっては思い出の多い場所であった。

 さらに、レーバーカップ独自のフォーマットであるチーム戦ならではの恩恵もあって、フェデラーが属するチーム・ヨーロッパには、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マリーと、いわゆるテニスの"ビッグ4"が集結した。

 そして、最後のプレーは、公式戦ではまずあり得ないナダルとのドリームダブルス。これ以上整った舞台は考えられない環境で、フェデラーは最後の挨拶を行なった。

「悲しくはありません。最高の気分です。試合中にケガをしそうで心配だったけど、最後までできてとてもうれしい。アメイジングジャーニーでした」

 妻のミルカさんや両親、フェデラーのコーチを務めたステファン・エドバーグさんに感謝を述べる際には大粒の涙を流したが、コートを一周してファンに別れを告げ、ジョコビッチをはじめとした選手たちにコート上で担ぎ上げられた時には笑顔も見せた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?