父系ミスタープロスペクター系が好成績のスプリンターズS。本命は一択も、名牝を母に持つ7歳馬に激走の予感

 10月2日、中山競馬場で3歳以上馬によるGⅠスプリンターズS(芝1200m)が行なわれる。


5月の葵Sで重賞初制覇を飾ったウインマーベル

 このレースは、JRAの秋のG1シリーズ第1弾。昨年の勝ち馬ピクシーナイトは不在だが、今年の高松宮記念を勝ったナランフレグ、昨年のNHKマイルCを勝ったシュネルマイスターというGⅠ馬2頭が出走予定。そのほか、ウインマーベル、ジャンダルム、テイエムスパーダ、ナムラクレア、メイケイエール、ヴェントヴォーチェなど、今年に芝1200mの重賞を制している馬が顔を揃えているため、白熱した争いが期待される。

 レースの傾向を見ると、父系ではミスタープロスペクター系の好成績が目立つ。2011年以降だけでも、2012、13年のロードカナロア(父キングカメハメハ)、2016、17年のレッドファルクス(父スウェプトオーヴァーボード)、2018年のファインニードル(父アドマイヤムーン)、2019年のタワーオブロンドン(父レイヴンズパス)で6勝。そのほか、2着5頭、3着3頭と合計14頭が馬券に絡んでいる。

 中でも成績がいいのがフォーティナイナー系で、勝ち馬では前述のレッドファルクス、ファインニードルが該当。さらに2011年2着のパドトロワ(父スウェプトオーヴァーボード)、2013年2着のハクサンムーン(父アドマイヤムーン)、2017年3着のワンスインナムーン(父アドマイヤムーン)、2018年3着のラインスピリット(父スウェプトオーヴァーボード)が馬券に絡んでいる。人気薄の馬が多いのも特徴で、9番人気だったパドトロワ、7番人気だったワンスインナムーン、13番人気だったラインスピリットは重賞未勝利で挑んで激走した。

 今年のレースで唯一、この父系の出走馬となるのがウインマーベル(牡3歳、美浦・深山雅史厩舎)だ。

 同馬の父アイルハヴアナザーは米GⅠケンタッキーダービー(ダート10F)、米GⅠプリークネスS(ダート9.5F)を勝った2012年の米2冠馬。母コスモマーベラスはターコイズS(芝1600m)の勝ち馬で、血統的イメージではマイル~中距離を得意としそうだが、ウインマーベルは1200~1400mで4勝している。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?