本田真凜が闘い続ける「スターのイメージ」。目標に向け一歩前進も「もっとできるところを皆さんにお見せしたい」


10月2日、東京選手権フリーの本田真凜

「昨季と比べ物にならない」状態のよさ

 9月30日、西東京市。全日本選手権の予選でもある東京選手権に、本田真凜(21歳、JAL)は出場している。

 リンクサイドに姿を現した本田は、端から端を行ったり来たりしたあと、ピンクの上着を脱いで臨戦態勢に入った。黒を基調にちりばめたストーンが輝く、ドレスタイプの衣装。肩を回し、腕を振り上げ、体をほぐしたあと、ブレードのカバーを外す。前の選手と入れ替わりでリンクに立つと、表情はやや硬かったが、体の動きは柔らかく、足の運びはのびやかで気力に満ちていた。

「久しぶりの試合で。ルールが新しく変わったので、スピン、ステップができているのかって確かめながら。練習は、この2、3年のなかでもよくできている手応えがあります」

 ショートプログラム(SP)を滑ったあとに本田は語ったが、その言葉どおり、復調の兆しが見えた。ジャンプは3回転サルコウ、3回転フリップ+2回転トーループの連続ジャンプ、ダブルアクセルと3本とも「q」(4分の1回転不足)がついたが、練習どおりに降りている。『Assassin's Tango』で静かに燃える曲を艶めかしく演じきり、50.53点で7位と好発進だ。

「最初のジャンプのミスはあまりなくて、緊張して慎重になったと思います。切り替えられて、残りのふたつはよかったなと。フリーも練習ではノーミスが何回かできているので、自信をもって演技ができたらと思います。去年とは比べ物にならないくらい、状態はよくなってきているので。スケートをメインに置きながら、大学生活やお仕事の時間配分もうまくできてきて、今年は滑れているなって」

 本田は笑顔で語った。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?