「明治愛」を胸に帝京大との大一番へ。オリンピアンWTB石田吉平には「隠し球」がある

大学ラグビー2022注目選手インタビュー
明治大・石田吉平(4年/WTB)

 大学ラグビーが佳境を迎えようとしている。11月20日、開幕から5連勝中の帝京大と明治大が東京・秩父宮で激突。この試合で今季の大学ラグビーの趨勢が見えるだろう。

 ラグビーファンが見守る大一番で注目したい選手が、大学ラグビー界唯一のオリンピアンとして明治大を引っ張るキャプテンWTB(ウィング)石田吉平(4年)だ。

 高校時代からセブンズの日本代表として活躍してきたスピードランナーは、99代目のキャプテンとなった責務を果たすため、4年になった今季、初めて明治大でのラグビーに集中している。大学生随一のランナーに現在のチーム状況を聞きつつ、個人の将来の目標にも迫った。

   ※   ※   ※   ※   ※


明治大の99代目キャプテンを務める石田吉平

―― 11月6日に行なわれた「慶明戦」は、メンバー外で給水係をやっていました。

「はい。(10月2日の)立教大戦でケガをしましたが思ったより回復が早かったので、慶應大戦をターゲットにやってきました。『試合に出られます!』とコーチ陣に直談判したのですが『今回はみんなを信じろ!』と言われ、渋々『はい......』という感じでした」

―― 12月4日に国立競技場で9シーズンぶりに開催される「早明戦」の前に、11月20日には帝京大との大一番が控えています。

「まずは帝京大戦です。負けると帝京大を勢いづかせてしまうので、僕らが勝って対抗戦で1位になり、大学選手権にいい形で臨みたい。夏は(19−54で敗戦して)いいレッスンをしてもらいましたが、今回負ける気はさらさらありません。続く『早明戦』は学校同士のプライドが激突し、気持ちの入り方も違う特別な一戦。明治大の誇りをかけて戦いたい」

―― 昨季の大学選手権の決勝でも敗れた帝京大に勝つため、なにがカギとなりますか?

「慶應大戦ではフィジカルで相手に勝てましたが、帝京大はもう一段、レベルが上がってきます。ふたりでタックルに入ったり、リロードを早くして、ミスやペナルティを少なくすることが大事。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?