主役不在のジャパンCは穴党記者推奨の2頭、勢いある外国招待馬と人気落ちの上がり馬が高配当を運んでくる

主役不在のジャパンCは穴党記者推奨の2頭、勢いある外国招待馬と人気落ちの上がり馬が高配当を運んでくる

主役不在のジャパンCは穴党記者推奨の2頭、勢いある外国招待馬と人気落ちの上がり馬が高配当を運んでくるの画像

 今秋の東京開催も、はや最終週。フィナーレを飾るのは、国際招待競走のGIジャパンC(11月27日/東京・芝2400m)だ。

 海外からの招待馬4頭を含め、今年も昨年に続いてフルゲート18頭が出走するが、コントレイルが有終の美を飾った昨年とは異なり、今年は確たる主役が不在。伏兵の台頭も十分に考えられ、激戦が予想される。

 実績的には、昨年のダービー馬で、今春には海外GIのドバイシーマクラシック(3月26日/UAE・芝2410m)を制したシャフリヤール(牡4歳)が大将格となるが、ここ2戦が今ひとつ。2走前はイギリスに遠征してGIプリンスオブウェールズS(6月15日/イギリス・芝1990m)に挑むも、見せ場なく4着に終わった。

 続く前走のGI天皇賞・秋(10月30日/東京・芝2000m)でも、上位陣にはやや離されての5着。絶対的な信頼を置くまでには至らない。

 一昨年の三冠牝馬デアリングタクト(牝5歳)も、かつての輝きが失われている。長期休養明け2戦目のGI宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)こそ3着に入って復調気配を見せたものの、秋初戦のGIIオールカマー(9月25日/中山・芝2200m)、続くGIエリザベス女王杯(11月13日/阪神・芝2200m)と、いずれも"らしさ"をまったく見せることなく、6着に沈んだ。

 そうなると、勢いある3歳馬ダノンベルーガ(牡3歳)に目がいくが、ここまでGIでは善戦どまり。前走の天皇賞・秋でも圧巻の末脚を見せたものの、逃げたパンサラッサを捕えることはできず、3着に終わっている。

 そうした状況にあって、日刊スポーツの松田直樹記者もこう語る。

「ジャパンCにおける外国招待馬の優勝は2005年のアルカセットが最後。3着以内に入ったのも、2006年のウィジャボード以降はなく、過去15年の3着以内はすべて日本馬です(2019年は外国招待馬の出走なし)。

 となれば、今年も馬券の中心は日本馬でいいかと思いきや、GI馬はシャフリヤール、デアリングタクト、ユーバーレーベン(牝4歳)の3頭のみ。しかも、3頭ともここ最近のレースではパッとしません。

 タイトルホルダー、ドウデュースなど中距離戦線における国内トップクラスは、GI凱旋門賞(10月2日/フランス・芝2400m)で軒並みふた桁着順に沈んでここに臨む余力はなく、天皇賞・秋を勝ったイクイノックスは、年末のGI有馬記念に向けて調整することになりました。例年に比べて、日本馬もかなり手薄な印象を受けます」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?