激戦のジャパンC。美女馬券師が「気になる」と警戒するのは凱旋門賞をパスして来日した外国招待馬

美女馬券師のGI最終決断
守永真彩~ジャパンC編


もりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさん

◎ダノンベルーガ
◯ヴェラアズール
▲シャフリヤール
☆シムカミル
△ヴェルトライゼンデ
△ハーツイストワール
△テーオーロイヤル
△ボッケリーニ
△ユーバーレーベン

 守永真彩です。11月も終わりに近づき、少しずつ寒さを感じるようになりましたが、本日11月27日は、そんな寒さを吹き飛ばすほど、熱い一日となりそうですね!

 なんといっても、お昼にGIジャパンC(東京・芝2400m)! 夜にはサッカーワールドカップの日本戦があります! 盆と正月が同時に来たような、お祭り気分です♪ どちらも国を超えたスポーツ選手たちの戦い。今日は思いっきり応援して、観戦の一日を楽しみましょうね♪

 さて、今年のジャパンCは「〇強」という言葉では表せられないほどの混戦模様。それぞれの馬に推したいポイントがあり、馬券を絞るのが難しそうです。

 私の本命はダノンベルーガ。ジャパンCは5年連続で3歳馬が馬券に絡んでいるレース。過去10年を振り返っても、3歳馬は連対率29%とトップとなります。今年出走する日本馬のなかで3歳馬はダノンベルーガのみとなれば、注視せざるを得ません。

 前走のGI天皇賞・秋(10月30日/東京・芝2000m)では大逃げを打ったパンサラッサを捕えきれずに3着となりましたが、上がり時計は32秒8と、勝ったイクイノックス(上がり32秒7)にひけをとらない末脚を見せました。

 先週のGIマイルCSでも3歳馬のセリフォスが制したように、秋のGI戦線では3歳馬の活躍が目立ちます。前走の激走の疲れが残っていなければ、ここでも好勝負は必至でしょう。

 ダノンベルーガは今年のGI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)で4着という結果でしたが、昨年のダービーの勝ち時計よりも速いタイムで入線しています。ちなみに、昨年のダービー馬シャフリヤールは、昨年のジャパンCで3着。それを考えても、馬券の軸にしたくなります。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?