日本代表の後方に人が余っていたクロアチア戦。森保監督はカタールW杯でどんなサッカーがしたかったのか

 本人の意思はともかく、クロアチア戦を前にして、森保一監督の続投を煽るような記事が目立っていた。しかし、この延長、PKに及んだ決勝トーナメント1回戦は、次の4年間(3年半)を森保監督に任すことができない理由が凝縮された試合となった。日本が志向する姿と逆行するサッカーを延々120分間見せられた試合。筆者の目にはそう映った。

 両軍のスタメン表がFIFAからメールで送られてきたのは、試合開始の1時間半前で、そこには両軍選手の所属チームも記されていた。

 レアル・マドリード(ルカ・モドリッチ)、チェルシー(マテオ・コバチッチ)、スパーズ(イバン・ペリシッチ)、インテル(マルセロ・ブロゾビッチ)など、ネームバリューの高い一流のクラブに所属している選手は、クロアチアのほうが多かった。クロアチアが12位で日本が24位というFIFAランクも見すごされがちだった。

 そうした空気感は選手、監督にも伝播する。日本はのっけからチャレンジャー精神に欠けるサッカーを展開した。大人数で後ろを固め、1トップ前田大然を走らせてカウンターを狙う、言うならば臆病なスタイルである。色気たっぷりに手堅く、慎重な姿勢で勝ちを拾いにいった。思慮深いサッカーと言えばそれまでだが、キチンと攻めようとする姿勢に乏しかった。プレスをかけ、組織的に高い位置で奪おうとするのではなく、後ろで守るサッカーである。ボール操作術を全面に、つなぐサッカーで対抗する日本のよさは、この雑なスタイルでは発揮しにくい。


延長、PK戦の末にクロアチアに敗れた日本代表

 前半43分、しかし先制点を挙げたのは日本だった。右CKを堂安律がショートコーナーとし、鎌田大地、伊東純也経由でリターンを受けると対角線クロスを送球。すると相手のクリアがゴール前に転がり出るラッキーとなった。詰めた前田はこれを難なく蹴り込み日本は1-0とした。

 クロアチアが同点に追いついたのは後半10分。デヤン・ロブレンの後方からのクロスを、イバン・ペリシッチが狙いすましたヘッドで、日本ゴールを揺るがした。

 ここから65分間、両軍にゴールは生まれなかったわけだが、日本よりクロアチアのサッカーに正統性を感じながら時は推移していった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?