若い人は私を知らない…松本明子の副業・キャンピングカーレンタルは知名度より車のよさで人気?「コロナ禍のピンチをチャンスに」

松本明子インタビュー 後編

登山などのアウトドアにハマったタレント・松本明子さんが、"副業"として始めた軽キャンピングカーのレンタル店。芸能活動の合間をぬって、電話番や清掃、見送りなどを自ら行なっている。お客さんの笑顔がうれしい松本さんは、ついつい利益度外視のサービスもしてしまっているようで......。インタビュー後編では、徐々に認知度を広げつつあるレンタカー事業の運営や苦労について聞いた。


軽キャンピングカーのレンタカー事業を始めたタレントの松本明子さん 写真提供/松本明子

【若い客は「松本明子を知らない(笑)」】

ーー自身も店舗の運営に携わっているのですか?

松本明子(以下、同) 掃除と予約受付の電話番、車の点検、お客さまのお見送りとお出迎えは、芸能の仕事がない限りやっています。あと、お客さまのスマホで、車の前で一緒に記念写真を撮るサービスもしています。外国人の方はもちろん私のことなんて知らないですし、若い方にも「店員さんと写真撮れるサービスなんて珍しいですね」って(笑)。

 40年前にアイドルデビューした時の親衛隊が借りに来てくれることも。40〜50代のお客さまには「本当にいるんですね!」とおっしゃっていただけるんですが、やっぱり10〜20代は全然。もっと頑張らなきゃいけないですね。

 この間、大学生に「テレビ番組の『電波少年』って知ってる?」と聞いたら「知らないな」って。タレントだと伝えると「おばあちゃんに聞いてみます」と言われました(笑)。


インタビューに答える松本さん 撮影/山本雷太

ーー「タレントの松本明子さんの店」ということをいっさい知らずに車を借りる方もいるんですね。

 むしろそういう方のほうが多いですよ。純粋に車を気に入ってくださって、インターネットで予約をしてくださるというがほとんどです。そもそも、店で扱っている小さいサイズのキャンピングカーのレンタルって少ないみたいです。大きなキャンピングカーと違って初心者や女性でも運転しやすいところが人気なのかもしれません。

ーー利用するのはどういう方が多いですか?

 いろんな方がいらっしゃいます。50〜60代のシニアのご夫婦から、ファミリー、女性ひとりのお客さまも多いです。この間は、大学生の男の子4人が「四国一周してきました」って楽しそうに帰ってきました。行き先は北海道から九州まで全国各地です。

 最近は外国人も増えています。この前はシンガポールからカップルの予約があって、約1週間、関西方面に行ってきたとおっしゃってました。ドイツやイギリスの方もいましたね。

 事業を始めてあらためて実感しましたけど、日本人は働き者でお仕事の優先順位が上という方が多いですよね。「仕事ありきで、休みがとれたら予約します」という感じ。でも、外国人は長期の休みをとって日本に来られたり、パソコンさえあればどこでも仕事ができるとワーケーションに使う方も多いです。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?