宇野昌磨がNHK杯で収穫 ジャンプ採点基準にベテラン記者は「大会によってバラバラな面も」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 宇野昌磨はNHK杯の競技会で氷上演技自体はうまくいったが、ジャンプの採点で不足点があり2位となった。
  • フリースケーティングでは予定していた3連続ジャンプを成功させ流れの良い演技を披露したが、集計では最終順位2位だった。
  • 宇野は演技後、コーチと共に演技自体はうまく行ったと評価した一方、ジャンプの採点基準については大会によってばらつきがあると指摘した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

【納得のフリーだったが...】

 宇野昌磨(トヨタ自動車)は、11月10〜12日開催の(GP)シリーズ中国杯で、2位だった。ショートプログラム(SP)はノーミスで105.25点の1位発進ながら、フリーではジャンプのミスを連発し、アダム・シャオ イム ファ(フランス)に逆転された。

 そして、今回のNHK杯では、SPは2位発進。4回転トーループ+3回転トーループが回転不足となって減点され、鍵山優真(オリエンタルバイオ/中京大)に5.31点差の100.20点だった。宇野は「演技自体もすごくよかったし、点数も全然悪くない」と納得していた。

 だが逆転優勝を狙ったフリーは、本人も首をひねる予想外の結果になってしまったーー。

NHK杯フリーの宇野昌磨。総合2位となった
NHK杯フリーの宇野昌磨。総合2位となった

 そのフリーは流れのある演技だった。曲は『Timelapse/Spiegel im Spiegel』。静かでゆったりとしたピアノの音でジャンプを跳ぶというタイミングの難しさもある曲調だが、全身を使う大きな動きのなかに力強さもにじみ出させる独特の世界を表現している。集中しきった緊張感さえも感じさせた。

 ジャンプは滑らかな着氷だった。それぞれのエレメンツの技術点も速報値では、最初の4回転ループはGOE(出来ばえ点)加点も3.30点で、次の4回転フリップは2.99点。ダブルアクセルを2本つけて3連続ジャンプにする予定だったトリプルアクセルはシングルになったが、その次の3回転ループをトリプルアクセル+ダブルアクセルに変更した。

 体いっぱいにため込んだ感情をじわりとにじみ出させる迫力を感じさせるステップシークエンスは、ジャッジのほとんどが4〜5点をつける滑り。そのあとの4回転トーループ+3回転トーループも、高い加点を得ていた。

 単発の4回転トーループは、2回転になったが、最後のジャンプを4回転トーループ+2回転トーループにしてリカバリー。ピアノの音色のなかで最後まで緊張感を保ち続けた。最近では演技後でも変えることのなかった冷静な表情を崩して笑みを浮かべた。

「けっこう納得していましたね。本当に練習どおりに6本のジャンプをそのまま出せました。ひとつ失敗したけど、リカバリーする練習もしていたのでそれも出せた。ステファン(・ランビエルコーチ)も喜んでいたし、僕としてもすごくうれしい気持ちでした」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?