「変人」宮下遥がトス回しで成長。全日本の正セッターを再奪取なるか

 1月26日、バレーボール「V.LEAGUE」のDIVISION1女子のファイナルが国立代々木競技場で行なわれ、JTマーヴェラスが岡山シーガルズとのフルセットの熱戦を制し、チーム2度目の栄冠を手にした。

 惜しくも敗れた岡山は、2016−17シーズンに2部に降格。翌シーズンは優勝し、リーグ編成が行なわれた2018−2019シーズンは1部のDIVISION1で戦うも、レギュラーラウンド8位以内のチームによるプレーオフに進出できなかった。その経緯を考えれば、今季の準優勝という結果は「大躍進」と言えるだろう。


岡山のVリーグ準優勝に貢献した、セッターの宮下遥

 チームのセッターである宮下遥は、セミファイナル、ファイナルと連日フルセットの試合でトスを上げきった。宮下は試合後、「前回(2013−14シーズン)の決勝とはまた違った手応えがありました。(今シーズンの2度の対戦で)1セットも取れなかったJTさんをあそこまで追い詰められたことはよかったと思います。トス回しは……あれが精一杯でしたね」と少し笑顔を見せた。

 宮下は、2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した時の名セッター、竹下佳江の後継者として真っ先に注目された。2010年には、現代表監督の中田久美と同じ15歳で代表入り。竹下と比べられる重圧に耐えかねて涙を見せたこともあったが、2013年のワールドグランプリで司令塔として活躍し、”ポスト竹下”の座を射止めたかと思われた。

 だが、当時の眞鍋政義監督とトスを上げる位置について考え方に相違があり、ほかのセッターとの併用が続いた。2016年のリオ五輪は宮下が正セッターを務めたが、翌年に”中田ジャパン”が発足するとさらに状況は厳しくなる。

続きを見る

関連記事(外部サイト)