全豪で明確化。「大坂なおみ世代」がメインストリームとなった

「5歳の時から見続けた夢が叶ったわ!」

 準決勝で世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)に勝った時も、そして決勝で元世界1位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)を破った時にも、彼女は、同じセリフを繰り返した。


オーストラリアでも大坂なおみの人気は絶大だ

 2020年という”新十年紀”最初のグランドスラムの全豪オープンで頂点に立ったのは、2カ月前に21歳の誕生日を迎えたばかりのソフィア・ケニン(アメリカ)。マリア・シャラポワ(ロシア)を「幼少期からのアイドル」と仰ぎ見るロシア系アメリカ人は、そのシャラポワが2008年に20歳で同大会を制した時以来の「年少全豪優勝者」ともなった。

 ケニンが栄光の時を夢見たその起点にも、憧れのシャラポワがいる。

 15年と半年前――。当時17歳のシャラポワがセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を破り、ウインブルドンの芝にひざを折った姿を見た時、彼女は「私もシャラポワみたいに17歳で優勝したい!」と自らの未来像を思い描く。

「もう、その年齢は越えてしまったけれどね」と、昨夏の彼女は笑っていたが、夢の足跡はメルボルンの地でシャラポワと重なった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)