石郷岡葉純がチーム中部電力を語る。「うちは攻めたがりが多い」

中部電力カーリング部
石郷岡葉純インタビュー(後編)




日本選手権で大会連覇を狙う中部電力。リードの石郷岡葉純も「目標は優勝」と語る。今回は、そんな彼女の素顔に迫りつつ、チームメイトについての話も聞いてみた――。

――石郷岡選手のカーリング歴については、意外と知られていないような気がします。まずは、カーリングを始めたきっかけから教えてください。

「最初にストーンを触ったのは、青森のカーリング場で、小学校3年生の時です。チーム青森主催のカーリング体験会で、小笠原歩さん(※1)をはじめ、当時のチーム青森の選手に(カーリングを)教えてもらいました。
※1=旧姓・小野寺歩。チーム青森のメンバーとして、2002年ソルトレイク五輪、2006年トリノ五輪に出場。その後、北海道銀行フォルティウスのチーム発足に携わって、2014年ソチ五輪で3度目の五輪出場を果たす。女子カーリング界のパイオニアで、現在は後進の指導にあたっている。

 競技として本格的に始めたのは、小学校6年生になってからです。幼稚園の頃からずっとスイミングをやっていたのですが、実は一緒に泳いでいたのが、田中美咲(フィロシーク青森)や田中優惟といった、今もカーリングを続けている面々で。(地元には)チーム青森もあるし、美咲のお兄さんの田中駿さん(Pentagon)がカーリングをしていた縁もあって、みんなで一緒に始めました」

――一緒にカーリングを始めた面々とチームメイトになって、2013年の高校選手権で優勝(東北選抜)。同年の日本ジュニア選手権で3位(青森ジュニア)という好成績を残しています。未確認の情報ですが、当時中部電力に在籍していた藤澤五月選手(ロコ・ソラーレ)が、石郷岡選手たちが活躍した高校選手権を見ていた、という話を聞きました。

「五月さんが見ていたのは、おそらくその翌年、2014年の高校選手権だと思います。(関東中部選抜の)べぇちゃん(フォースの北澤育恵)たちが優勝した年で、私たちは準優勝でした。みんなが、会場で『藤澤選手がいる』と言っていたのを、なんとなく覚えています」

続きを見る

関連記事(外部サイト)