2022年北京五輪への第一歩。カーリング日本選手権を制すのはどこだ

 第37回 全農 日本カーリング選手権大会(2月8日〜16日)が軽井沢アイスパークで行なわれる。

 今大会と、新横浜スケートセンターで開催される来年の大会は、2022年北京五輪の代表選考(※)に大きく関わってくる。今大会を勝ったチームが、五輪出場へ事実上の”王手”をかけられるという意味でも、例年以上の熱戦が期待される。
※=2022年北京五輪の日本代表は、今年と来年の日本選手権優勝チーム、2021年1月1日時点におけるワールドカーリングツアーのランキング最上位チームの、最大3チームで代表決定戦が行なわれる。ただし、今年と来年の優勝チームが同じだった場合、そのチームが無条件で五輪代表となる。

 女子は、中部電力、ロコ・ソラーレ、北海道銀行フォルティウス、富士急の「4強」が中心。なかでも、本命視されているのは、2018年平昌五輪で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレだ。


優勝候補筆頭のロコ・ソラーレ

 ロコ・ソラーレは今季、ワールドツアー11大会に出場。グレードが高い”グランドスラム”4大会を含め、すべての大会でクオリファイ(プレーオフ進出)を果たしている。安定感という点では、「4強」の中でも群を抜いている。

 世界舞台での戦いに重点を置いて、国内のチームやアイスに対して後手に回ってしまった昨季の教訓を生かして、今季は2年ぶりに国内大会の軽井沢国際(2019年12月)にも参戦。日本選手権への準備もしっかりと進めてきた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)