中部電力・松村千秋が涙。目前の五輪出場を逃した瞬間の悲痛な思い

中部電力カーリング部
松村千秋インタビュー(前編)




中部電力が連覇を狙う日本選手権が佳境を迎えている。若きチームのまとめ役を果たすのは、この春で入社10年目を迎えるサードの松村千秋。”カーリング一家”に育った彼女の、カーリングへの思いについて話を聞いた――。

――松村選手は、まさしく”カーリング一家”の生まれ。父・保さんと母・なぎささんはいまだ現役で、2月末から始まるミックスダブルス日本選手権に出場します。姉の綾音さんも、かつてユニバーシアード日本代表を経験。兄の雄太さんは、男子の日本代表である北海道コンサドーレ札幌のスキップとして活躍中。弟の勇人さんも、長野県CA(Ignites長野)のスキップとして奮闘しています。そうなると、小さい頃からカーリングに親しんできたのでしょうね。

「そうですね。父と母の練習について行って、一緒に氷に乗って石を投げたり……というのは、小さい頃から経験していたと思います。物心ついた時にはそういう状態だったので、(カーリングを始めた)正確な時期は覚えていません。氷に乗って楽しかった、という記憶だけがある感じです」

――1998年長野五輪の時、松村選手は5歳。それをご覧になって、カーリングを本格的に始めた、ということはないですか。

「申し訳ないですが、長野五輪のことはまったく(覚えていない)です。競技として本格的に始めたのは、10歳の時です」

続きを見る

関連記事(外部サイト)